ルヴァンは美味し!

今日は写真多いですよ~ 



13.04.24ルヴァンのパン_パン種
ドリアンさん からいただいたルヴァン種をパン種に継ぎました。
今回は少し継ぐペースが短かったので、元気そうなパン種に完成~。



13.04.24ルヴァンのパン_材料
種の量が多いので、必然的に仕込みの量も増える。
粉量600gなので、水がコップ1つに入りきらなかった 
  ( 右側の水が茶色っぽいのは、今回少しモルトを入れてみたからよん。 )
もちろんHBではこねられない量なので手捏ねです。
総生地量1.3キロ弱もあり ・・・ 疲れました 
粉の配合は、ライ麦10%、リスドォル50%、イーグル40%。
パリッとさせながらも食べやすい食感にしようとこのような配合にしてみました。
サフを0.6%、補助的に入れてます。



13.04.24ルヴァンのパン_生地
生地量1.3キロ弱もあったので、2種類のパンを作ることに。
上 : 白生地を少し残し、クランベリー + クルミを混ぜこんだ生地
下 : ブルーベリーを混ぜこんだ生地
銅板を使って焼くのに1度に入りきらないので、
時間差を作るため、上の生地はオーブンの発酵機能を使い、下の生地は室温発酵に。



まずはクランベリーの方からね。
13.04.24パン・オ・フルール_生地
ゆったりと時間をかけて発酵させました。
ルヴァンの力だけで焼けなくはないけど、
やっぱり微量でもサフで補助してやると発酵状態が安定しますね。



13.04.24パン・オ・フルール_分割
白生地は2分割、クランベリーの生地は12分割。
ちゃんとした成形方法が分からないので上手くいくかどうか分からないけど、
先日アンデルセンで見たパンの真似をしてみようかと思いまして。



13.04.24パン・オ・フルール_成形
白生地をライ麦をつけながら薄くのばしてハートの抜型で抜き、
裏面を濡らし、ハートの先端をひっぱりながら丸めたクランベリーの生地にのっけます。



13.04.24パン・オ・フルール_ホイロ前
キャンパス地の上で、
中央にプリンカップを置き、周囲にハートを下にして生地を置きます。
これを、キャンパス地ごとボウルにイン~。



13.04.24パン・オ・フルール_ホイロ後
ホイロ後、キャンパス地ごとひっくり返すとこのような状態に。
プリンカップを取り除き、焼成~ 



13.04.24パン・オ・フルール
パン・オ・フルール
真上から撮影してないんですが ・・・ お花っぽく見えますか?
ハード系らしさを出すべく、しっかり目に焼きこみました。



13.04.24パン・オ・フルール_ハート
イメージとしては上のようにハート型が分かるようにしたかったんですが、
下のようにハートか何か分からなくなってしまった部分もありました。



13.04.24パン・オ・フルール_クラム
クランベリーとクルミがいーっぱい入ってます。
う、う、うんまーーーーーーい 
なんて美味しいんだー。
ドリアンさん が 「 ルヴァン = アミノ酸 = だしの素みたいな物 」 とおっしゃる通り、
やっぱりルヴァンを入れたパンはホントに美味しいです。
今回、モルトを入れたのでパリッと感も良いです~。



で、ブルーベリーの生地はね、
13.04.24パン・オ・ミルティーユ_生地
いい感じに発酵し、クリームチーズを包んで焼こうと思ってたんですが ・・・
クリームチーズがカビてて  大変なことになってたので、
何も入れずにそのまま焼くことに。



13.04.24パン・オ・ミルティーユ
パン・オ・ミルティーユ
こちらもハード系ではありますが、クランベリーのよりも軽めに焼き上げました。



13.04.24パン・オ・ミルティーユ_クラム
久しぶりにブルーベリーのパンを焼きましたね。
美味すぃ~ 
こちらもルヴァンがいい仕事してくれてます。
ライ麦を使ってるからなおさらかな、ルヴァンを入れると入れないでは全然違ってきます。
でもやっぱクリチ入れたかったな~。



13.04.24パン・オ・フルール_アップ目
パン・オ・フルール、もぅちょっと生地量多めで大きく作る方が完成度が上がりそう。
またやってみよーっと。



ランキング下がってまーす
1日1クリック ↓ の応援、お願いしま~す  
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さる方、ホントにありがとうございます。
とーっても励みになってます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する