12月=クリスマス

さて!!
12月に入ったので、ぼちぼちシュトレンを焼かねばね!
やっぱ、12月 = クリスマス じゃないですか?
今日は写真多いですよー。


まずは中種を作ります。
12.12.04ヌスシュトレン_中種
材料が全体に混ざればOK、室温でしばし発酵させます。


12.12.04ヌスシュトレン_フィリング
中種の発酵中にフィリングを作ります。
フープロにかけて砕いたクルミを牛乳やその他もろもろで煮た、ヌスフィリング。
クルミのヌガーのような物ですね。
コレを作るのにケーキクラムが必要だったので、シフォンケーキを焼いたワケです 


12.12.04ヌスシュトレン_材料
今年はバニラオイルではなくバニラビーンズを牛乳に加えました。
右のボウルに入ってるのは、大量のバターに砂糖を混ぜてなめらかにした物。
ここに、先ほどの中種と冷やしておいた粉を加え、こねていきます。


12.12.04ヌスシュトレン_混ぜ込み
シュトレンを作る時は毎回、こね具合に迷う。
こねすぎるとパンに近くなってしまうからNGなんだけど、
かと言って、こねないのも生地がつながらないしね。
ほど良くこねた生地に、ラム酒&スパイスに漬けておいたレーズンとクルミを加えます。
生地にバニラビーンズの粒々が見えますね~ 


12.12.04ヌスシュトレン_成形
のばした生地にヌスフィリングを塗って折りたたみ、
中央を麺棒でグッと押して凹ませます。


12.12.04ヌスシュトレン_成形完了
今回はプレゼント用&自宅用なので、倍量で仕込んで4個~。


12.12.04ヌスシュトレン_焼成前
ホントは紙ケースに入れた方がいいんですが、
ケースが無いので、下に段ボールをカットした物を1枚かませて下火を弱めます。
焼成中、テキトーなところで抜き取りますよ。


12.12.04ヌスシュトレン_焼成直後
ドイツパンの焼き上がりは、中心温度を測って確認するそうです。
これなら生焼けってことが無くていいですね。
って、どのパンでもこの法則が当てはまるのかどうかは謎ですが 


表面にお化粧をして~
12.12.04ヌスシュトレン
ヌスシュトレン
こうやって見ると、雪で覆われたエアーズロックみたいだな。


12.12.04ヌスシュトレン_断面
きれいにヌスフィリングがグルッと巻いてます。
シナモンがよく効いててホントに美味しい~ 
今年アンデルセンで ヘーゼルナッツのシュトレン を習いましたが、
先生には申し訳ないけど、ヌスシュトレンの方が断然美味しいッス 
 ( ちなみに、このヌスシュトレンもアンデルセンレシピです )
シュトレンの定番は棒状のローマジパンを入れたマンデルシュトレンなんでしょうけど、
私はこのヌスシュトレンをものすごく気に入っているので、これが1番好きです 


12.12.04ヌスシュトレン_ラッピング
きっちりラップで巻いて、可愛く包装~ 


これをドカンッと入れて、後は冷凍しておいたここ最近のハード系を詰めて
12.12.04クリスマス便
クリスマスギフト便の完成~ 
こじゃれたクリスマス雑貨を探しに行ったけど、ダイソーじゃコレが限界 
ホントは、もうちょっと大人っぽく見せたかったの。
ナチュキチかセリアに事前に行っておけばよかったな 


12.12.04クリスマス便_発送
包装紙も子供っぽいんです ・・・ 。
1件は小さいお子さんがいらっしゃるご家庭なのでコレでいいんですけど、
もぅ1件は、もっと大人っぽい包装紙が良かったなぁ。


シュトレン4個のうち、ギフト用が2個、我が家用が1個、残り1個は半分に切って
12.12.04ヌスシュトレン_おすそ分け
次女が水ぼうそうで保育園に行けなくなり、
仕事を休ませてもらうのに、私の代わりに出勤してくれた2人に、ささやかなお礼を 


ヌスシュトレン、美味しすぎる~ 
ホントはなじむまで2~3日ねかせたかったのに、
写真撮影用にカットしてみたら、シュトレン大好きな娘たちが放っておくワケもなく、
焼いた当日に半分消費してしまうという ・・・ 間違ったシュトレンの食べ方ですよね 


去年、アンデルセンギフトの マンデルシュトレン を贈った旦那様の先輩家族に
今年は キッズフォンデュセット を贈ったのが昨日届いたそうで、
「 子供たちがすぐ食べるーっ!って大喜びしてるよ 」 とメールをもらいました。
その時に
「 去年もらったのがすごく美味しくて、近くで似たようなのを買ったら美味しくなかった 」
という一文があったので、じゃぁ私が焼くヌスシュトレンを送ってあげようではないかと!
なので、また近々焼くことになりそうです。
どちみち我が家のシュトレンももぅすぐ完食だからね 
去年はヌスシュトレンを5個焼きました。
今年は何個焼くことになるかな~ 


↓ポチッと1クリック お願いしま~す!!
 いつも応援ありがとう。励みになってます 
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

いやいやいやいや、ラッピングいつもセンスがあるなぁ、と思って見ています。
ナチュキチなんかで包装材料仕入れたら、ほんとにプロみたいに包装しちゃいそう!
私はセンスないので、すごいなぁと思います。
シュトレンの注文生産ですね、ふと思ったのですが、あやちんさんネットでパン屋さんとかは?
そしたら在庫抱えなくて済むし。注文受けて焼くの!
忙しくなりすぎちゃうかな?!
あやちんさんの近所に住んでたら、パンの香りに惹かれ、しょっちゅう訪ねて行きそうです(笑)

2012/12/06 (Thu) 13:25 | May #- | URL | 編集
Mayさん♪

> いやいやいやいや、ラッピングいつもセンスがあるなぁ、と思って見ています。
> ナチュキチなんかで包装材料仕入れたら、ほんとにプロみたいに包装しちゃいそう!
箱の中に敷いた英字新聞はナチュキチで仕入れてる物ですよv-392
いつもは外側を包むのに英字新聞を使うんですが、
今回はクリスマスギフトっぽさを出したくてクリスマス柄にしたかったんです。
花だけもぎ取ったフェイクフラワー、後で使い道無いなと思いつつ・・・(笑)

> シュトレンの注文生産ですね、ふと思ったのですが、あやちんさんネットでパン屋さんとかは?
> そしたら在庫抱えなくて済むし。注文受けて焼くの!
カリスマブロガーさんなら、それで商売ができそうですよね。
でも、私なんて全然・・・
もし私が客の立場なら、店舗を構えていない得体のしれないパン屋で買う勇気はないv-404

> あやちんさんの近所に住んでたら、パンの香りに惹かれ、しょっちゅう訪ねて行きそうです(笑)
「パン要る~?」と声をかけると取りに来てくれる人は何人もいるので、
続けてパンを焼いても上手く消費できてますv-410
子供たちが自立して私が年を取る頃には、消費が大変になってくるかもなぁ・・・
娘たちが、結婚してもすぐ近くに住んでくれたらいいけど。
孫に「またばーちゃんのパン?」と言われるようなパン焼きババァになってやる(笑)

2012/12/06 (Thu) 14:53 | あやちん #- | URL | 編集
No title

>もし私が客の立場なら、店舗を構えていない得体のしれないパン屋で買う勇気はない
いや、ブログを通じて知り合ったみなさんが買われると思うんです。私も含め♪
あとご近所さんとか、口コミとかで。

パン焼きババァ(笑)楽しみですね~~~!
その時代にはパンも進化してるのかな?

2012/12/06 (Thu) 15:49 | May #- | URL | 編集
Mayさん♪

> >もし私が客の立場なら、店舗を構えていない得体のしれないパン屋で買う勇気はない
> いや、ブログを通じて知り合ったみなさんが買われると思うんです。私も含め♪
> あとご近所さんとか、口コミとかで。
うぅ~む・・・・・・・・・・・
私ね、あまり自分に自信を持てない人間というか、
強気でいい方向に考えるのが苦手なんですよ。
職場でパンを配るとみんな「パン屋すればいいのに、絶対売れるよ」と言ってくれるけど、
「それはタダでもらうから言えることだよ」って思うんです。
実際、わざわざお店に出向いてお金を出して買うって、
そこまで強く「食べたい」と思えるかどうか、エネルギーが要ることでしょ?
同じ理由で、パン教室もやろうかやるまいか迷い続けて1年以上経ちますねv-356
パンを作る人から「教室やったらいいのに」と言われるけど、
「私レベルで他人様に教えていいのか?」と思ってしまって、
超初心者の方相手ならいいかもしれないけど、
それなりに焼ける人が来たらどうしよう・・・と、始める前からビビッてて(苦笑)
結局、小心者なんですよねv-404
だから、オリジナルのパンをアンデルセンの先生に食べてもらって
「このままでいいんじゃない?」と言われても
「いや、何かあるでしょ?何かこうしろって言ってよ」と思ってしまうのv-388
これはもぅ性格だから直せないんだろうなぁ。
パン教室は、来年子供会の役員を外れたら、試験的にやってみたいんですけどね。

2012/12/06 (Thu) 16:04 | あやちん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する