ウマウマなパンを

白イチジクをゲットしたので、先日習ったウマウマなパンを焼きました~ 


12.12.02バゲット・ペイザンヌ_フィリング
まずはフィリングを作ります。
林檎と白イチジクを、赤ワインとスパイスを加えて煮ます。


で、生地はこちら。
12.12.02バゲット・ペイザンヌ_生地
ライ麦粉や石臼挽きの粉、ドリアンさん のルヴァン種などいろいろ入った複雑な配合です。
赤ワインも入ってますよ。


12.12.02バゲット・ペイザンヌ_成形
この生地にクリチ ・ 林檎とイチジクの赤ワイン煮をのせて包み、
端をそのままとじるのではなく、タバティエールのように薄く薄くのばします。


12.12.02バゲット・ペイザンヌ_ホイロ前
薄くのばした部分を下にしてホイロ~。


12.12.02バゲット・ペイザンヌ_焼成前
焼成時にはひっくり返し、薄い部分が上にくるようにします。
さぁ、かっちょ良くめくれるかな?


12.12.02バゲット・ペイザンヌ
バゲット・ペイザンヌ
ありゃりゃ、めくれるにはめくれたけど、かっちょ悪くめくれちゃったな。


12.12.02バゲット・ペイザンヌ_アップ
薄くした部分が下の生地とくっつかないように粉をしっかりまぶしたはずなんですが、
めくれるときに下の生地を持ち上げてしまい、生地が割れて具がはみ出てきてます 


12.12.02バゲット・ペイザンヌ_断面
断面はこんな感じ。
林檎とイチジクの赤ワイン煮がホンッッッットに美味しくて、クリチとこの生地とよく合います。
ものすごーーーく好きな味 
娘たちも気に入ったようで、バクバクとよく食べました。


そして、今回、ちょっと驚いたことが。
前回クランベリーのパンを半ば強制的に食べさせたのが功を奏したのか、
旦那様が、今までなら絶対に興味を示さなかったであろうこのパンに
「 それ、美味しいん? 」 とちょっとだけ興味を示してくれたんです 
もぅビックリして 「 えっ!?  食べるん!? イチジクよ!? 」 と聞き返す私。
娘たちも驚いた表情。
そして、小さな一切れを食べた旦那様、
「 ・・・・ ( 言葉を選んでる )・・・・こーゆうパンが好きな人もおるんだろうね 」 って!! 
好みまではなかなか変えられないだろうけど、
こーゆうパンでもちょっと食べてみようかと思ってくれただけ進歩ですね。


そして夜、
パン用に継いだルヴァン種が 「 これ以上放置したらお亡くなりになります 」 状態だったので
12.12.02クランベリーとクルミのカンパ
クランベリーとクルミのカンパ  を焼きました。
時間の都合で、微量イーストを加えてます。


クラムはこんな感じ~。
12.12.02クランベリーとクルミのカンパ_断面
どっしりタイプですね。
風味が良くて、とっても美味しかったです。


次女の治癒証明が下りたので、今日から保育園へ登園OKとなりました。
私も今日から1週間ぶりに職場復帰です!
次女も私もこの1週間で怠け癖がついただろうから、今日はちょっと疲れるかもね 
頑張ってきま~す 



↓ポチッと1クリック お願いしま~す!!
 いつも応援ありがとう。励みになってます 
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

うちの夫はこういうパンたちが大好きですよ~(うちの場合、奪い合いね)
私もあやちんさんの旦那様みたいに、最近ちょっとハード系のパンに興味が出てきたのですよ。
ソフト系は、ほんとに菓子パン!って感じだけど、ハード系はなんか奥が深くて、本格的なパンって感じがします。(自分じゃ焼けないから特にそう思う)
いつかオーブンが来たら、修行します、ハイ。

2012/12/05 (Wed) 22:42 | May #- | URL | 編集
No title

こんばんは
早速復習されているんですね。
美味しそう~こんなパン大好きです。

ドリアンさんのルバン種も健在ですね。
クランベリーとくるみ相性良いですね。

ところで、パンの為のシフォンケーキ?
ケーキクラムは何処に使われたのですか?
って書いてありましたかね。

2012/12/05 (Wed) 23:44 | タイニーキッチン #/AC6v4ws | URL | 編集
Mayさん♪

> うちの夫はこういうパンたちが大好きですよ~(うちの場合、奪い合いね)
クリームチーズとかもOKですか?
コレ、ホントに美味しいので、ペロッと食べちゃいます。
仲良く半分こで食べて下さいね~v-392

> ソフト系は、ほんとに菓子パン!って感じだけど、ハード系はなんか奥が深くて、本格的なパンって感じがします。(自分じゃ焼けないから特にそう思う)
そうそう、柔らかいパンはそれなりに誰でも焼けるけど、
ハードは別世界というか、なかなか上手には焼けないですからね。
パン焼きを追及し始めると、みんなハード系に行きつくんでしょうね。

2012/12/06 (Thu) 00:06 | あやちん #- | URL | 編集
タイニーキッチンさん♪

> こんばんは
> 早速復習されているんですね。
たぶん、ホントはもっとイーストを減らして発酵時間を長く取ってという話を
先生がして下さってるんだとは思うんですが・・・
ICレコーダーも良し悪しで、
「録ってるからいいや」と聞き取り作業をついつい後回しにし、
前の講座の聞き取りが終わってないのに次の講座のデータが増えたりしそうですv-404
どうせなら先生推奨の発酵方法で作りたいので、
この週末にでも、ちゃんと聞き取り作業を済ませてレシピをまとめたいなぁ。

> 美味しそう~こんなパン大好きです。
このパンもオススメですよ。
レシピ、買ってみて下さいv-392
久々に感動レシピでした。
シュトレンが目的で習いに行ったのに、こちらの方がヒットでした。
 ↑こーゆうこと、よくあるんです。本命じゃない方が激ウマって(笑)

> ドリアンさんのルバン種も健在ですね。
ぼっちりぼっちり、継いでますよ~。
ある程度安定した種なので、自分が1から起こした物より扱いはラクですね。

> ところで、パンの為のシフォンケーキ?
> ケーキクラムは何処に使われたのですか?
> って書いてありましたかね。
いいえ、このパンではなくて、別のパンに使ってますv-411
パン・・・ではないか?うふふv-398
また明日にでもアップしようと思ってます。

2012/12/06 (Thu) 00:15 | あやちん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する