ルヴァンで2種!

ぼちぼち継いでやらなきゃなーと思いつつ、
ちょっと長めに放置してた ドリアンさん から分けていただいたルヴァン種。
昨日はこちらの
12.10.12イカスミ
随分前にパンに使いたいと思って買っておいたイカスミペーストも使い、
ルヴァンでパンを焼きました。


12.10.12ドリアンのルヴァンのパン_生地
上が捏ね上げ時の画像で、下がパンチも加えた3時間後の画像。
太陽の位置が変わったの、分かります?
パン種にはグリストミルを使用し、白い生地はテロワール、黒い生地はリスドォル使用です。
イーストの補助無しなので、ゆっくりゆっくり発酵させました。


白い生地がボコボコに変化したのは
12.10.12栗渋皮煮のカンパ_パンチ
パンチの際に自家製の栗渋皮煮を入れ込んだから。
まんべんなく栗を散らしたかったので、パンチの際には割った物を入れ


12.10.12栗渋皮煮のカンパ_成形
成形の時には、贅沢に丸ごとをゴロッと入れてみました。
今回は生地量を少なく作ったので発酵カゴでは大きすぎるため、
小さ目のボウルにワッフル布をかぶせてカゴ代わりにしました。


12.10.12イカスミバタール_成形
イカスミの方は、ちょっと太目のなまこ成形。


12.10.12ドリアンのルヴァンのパン2種
ドリアンのルヴァンで焼いたパン2種


12.10.10栗渋皮煮のカンパ
栗渋皮煮のカンパ
ワッフル模様、可愛いです~ 


12.10.10栗渋皮煮のカンパ_クラム
もぅちょっと発酵力欲しかったかな。
連チャン種継ぎすれば良かったかもな。
丸々入れた栗が顔をのぞかせてますねー。


12.10.10イカスミバタール
イカスミバタール
バタールほどの生地量も長さもないけど、太さのイメージはバタールなのだ 


12.10.10イカスミバタール_クラム
イカスミペーストには塩が入ってるので、前にアンデルセンの先生が
「 イカスミのパンを作れと言われて試作したら、まぁしょっぺーのなんの! 」
と仰ってたので、舐めてみると確かに結構な塩気を感じました。
なので、イカスミペースト1g=塩1gとして加えると、ちょうど良い感じに焼けました。
色味が真っ黒で面白いですね~ 


12.10.10イカスミバタール_食す
お姑さんが買っておいてくれた生ハムとカマンベールをのっけて、バーナーで焦がしました。
カマンベールがとろーりとなって、美味しかったッス 



さてさて、昨日は待っていたコレが届きました!
12.10.12パン専用台
キャスター付きのキッチンカウンター。
コレは、私のパン作り専用台!
前々からダイニングテーブルやキッチン以外に作業スペースを確保したいと思ってて、
コレを見つけたので旦那様にお願いして買ってもらいました。
ダイニングテーブルでの作業は高さが低くて辛かったけど、
この台はキッチンと同じく高さ85cmあるので、手ごねをしても腰が痛くなりませんよ。
ベーカリー部やパンヲタ研究会で活躍間違いなしで嬉しいな 


↓ランキング、お手数ですがポチッと お願いします。
 応援ありがとう~! 
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する