栗の渋皮煮

12.09.28岡山の栗
岡山で買って帰った大粒の栗!
うちの店で栗が出始めると1ネット¥498はしますが、
岡山の道の駅的なお店では1ネット¥300×2つゲットできました。
以前はなまるマーケットで
「 ビニール袋に入れてふんわり包み、冷蔵庫で1週間寝かせると甘みが増す 」
とやっていたので、1週間 ・・・ と思ったら10日寝かせてました 


12.09.28岡山の栗_デカイ
左側の栗も、決して小さいワケではないんです。
右側の大きな栗を見て、
Dr.スランプアラレちゃんに出てくる頭部が栗の先生を思い出した。
「 栗頭先生! 先生の頭がデカすぎて黒板が見えません! 」 って 
  ↑ 若い人にはピンとこないネタだなん 


12.09.28栗剥き作業
長女がハリーポッターの映画を見ている傍らで、
私もハリポタを見ながら、栗くり坊主片手に大量の栗と格闘~。
去年は栗くり坊主を上手く扱えず、渋皮を傷つけた栗を何個も生産してしまったけど、
去年作った後にベーキングスクールのYさんにコツを教わったので、
今年はほとんど傷つけず、しかもラクに剥くことができました 


丁寧にあく抜きして~
12.09.29栗の渋皮煮
栗の渋皮煮  でけた~。
今年はいっぱいできたから、みんなで贅沢につまみ食いもしました。


こちらはね、
12.09.29栗の渋皮煮_糖蜜煮ver.
栗の渋皮煮 糖蜜ver.
先ほどの物とツヤ感が違うのが分かりますか?
こちらは、水を加えず砂糖だけで炊いた物なんです。
この作り方も気になったので、少量だけ糖蜜ver.で作ってみました。


12.09.29栗の渋皮煮_断面
カットした断面を見ると分かりますが、
右側が普通の渋皮煮で中心部まで味がよくしみて柔らかいのに対し、
左側の糖蜜ver.は食感が固めで、栗のホクホク感が残ってます。
砂糖だけで炊いたので表面は甘いけど、食べてると栗の味がよくします。
通常の柔らかい渋皮煮をパンに入れると結構崩れちゃうので、
カンパとかに入れるならこっちも良いなぁ~と思いました。
ブリオッシュのように柔らかい生地と組み合わせるとか、
パンに入れずにそのままつまみ食いするなら、柔らかい方が食べやすいかも。


母に味見させると
「 なんでこんな渋皮が苦くないん?
  私、前に作って苦くてどうしようもなかったけん渋皮向いて食べたんよ 」 と。
なんと母、重層を入れてあく抜きせず、ただ煮ただけなんですって。
そりゃ苦いでしょうよ 


糖蜜ver.は汁気が少ないので、冷凍してみようかと思います。
通常の渋皮煮は、瓶詰作業をしなきゃ 
さてさて、どんなパンに変身させようかな~。


↓ ランキングに参加してます。
  今日はスイーツですが、1クリックお願いします! 
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

No title

大きな栗ですね。
それにとてもきれいな渋皮煮が出来ていますね。

何に変身するのか楽しみですね。

私も毎年栗の渋皮煮を作りますが、シャトルシェフで作ります。
栗くり坊主を使いますが、手が痛くなります。使い方が悪いのでしょうか・・・
今年はまだ良い栗に出会ってないので、渋皮煮ではなく、茹で栗にして食べています。
少しだけパンに入れましたが、硬くなりますね。

糖蜜、知りませんでした。パンのフィリングには良いですね。

応援ポチ

2012/09/30 (Sun) 18:47 | タイニーキッチン #/AC6v4ws | URL | 編集
No title

あやちんさん、マメだなぁ!
でも、大粒の栗だとやり甲斐がありますね。
しかも、つまみ食い出来るほどたくさん作ったんですね、素敵v-343
ハード系にパンに合いそうですなぁ~~~♪
栗のパン、今年まだ食べてません。
先日ついに、近所の天然酵母のパン屋さんのランチを食べましたよ!
ミニパン3個+サラダ+ミニスープ+飲み物で1050円。
餡子フランス、無花果とくるみのハードなパン、メープルくるみパンを食べました。
どれも手のひら大ね。(直径数センチ)
でも生地がしっかりしていて、家で焼いたパン~、って感じ。
なかなか美味しかったです。
常連さんもいるようです。
ちょっと友達誘って贅沢なお昼に良いかも。(知り合いはできたけど、友達はまだいましぇ~ん)

2012/09/30 (Sun) 19:39 | May #- | URL | 編集

栗の渋皮煮作りってものすごく大変そうで…
あやちんさんは、いつもいろいろ手作りされてて、すごいですね!
細かい作業もお上手でうらやましいです。
どんなパンに変身するのかなぁ?

2012/09/30 (Sun) 20:25 | ちよぽん #- | URL | 編集
タイニーキッチンさん♪

> 大きな栗ですね。
> それにとてもきれいな渋皮煮が出来ていますね。
そうなんですー。
去年は剥き方が悪くてボロボロの物が多く出来てしまったけど、
今年は全体的にキレイにできましたv-342

> 私も毎年栗の渋皮煮を作りますが、シャトルシェフで作ります。
> 栗くり坊主を使いますが、手が痛くなります。使い方が悪いのでしょうか・・・
栗くり坊主のパッケージには
「渋皮を残すときは上から鬼皮をつまむようにむく」と書かれていますが、
去年、その方法でやるとどうしても頭頂部の渋皮を傷つけてしまいました。
そこで、毎年渋皮煮を作っているベーキングのYさんに話すと
「渋皮を残すときもおしりからむくよ~」と教えてくれました。
おしりのちょっと柔らかめな部分をそぎ取るつもりで刃を入れ、
そこから鬼皮をつかんだら頭頂部にむかって引っ張ります。
ある程度むけたら、残りの鬼皮もツルッと簡単に外れたりしました。
鬼皮をむく前にお湯につけたりとよく聞きますが、
今年はお湯につけなかったけどラクラクスイスイ剥けましたよv-392

> 応援ポチ
ありがとうございますー。
なんとなく、少~し訪問者が増えたような・・・。
励みになります!

2012/09/30 (Sun) 20:37 | あやちん #- | URL | 編集
Mayさん♪

> あやちんさん、マメだなぁ!
パンに関係するものはね!!(笑)
渋皮煮って、買うと高いじゃないですか。
しかもこんな大粒だと、半量くらいで2~3千円するはず。
と考えて、得した気分になりたいv-411

> でも、大粒の栗だとやり甲斐がありますね。
そうですね。
小さいのをチマチマやると疲れますが、大粒だと意外にサクサク終わりました。
でも、小粒でもいいからまだ欲しい(笑)

> しかも、つまみ食い出来るほどたくさん作ったんですね、素敵v-343
丸々1個を口にポイッと入れちゃうこの贅沢感!
秋ならではのお茶請けですv-392

> ハード系にパンに合いそうですなぁ~~~♪7
そうなんです!
やっぱりカンパに入れたいところです。
明日早速焼いてみようか、それともルヴァンで焼くか・・・と悩み中v-356

> 先日ついに、近所の天然酵母のパン屋さんのランチを食べましたよ!
> ミニパン3個+サラダ+ミニスープ+飲み物で1050円。
パンがメインのランチって、面白いですね!
メインディッシュがあるとパンが添え物になっちゃうけど、
こうガッツリとパンが主体だと、具材やフィリングが入った物でもアリですね!

2012/09/30 (Sun) 21:26 | あやちん #- | URL | 編集
ちよぽんさん♪

> 栗の渋皮煮作りってものすごく大変そうで…
私も初めて作るまではそう思っていましたよ。
栗を剥く作業が1番大変なので、
栗を剥いちゃいさえすれば、後はそんなに苦じゃないです。

> あやちんさんは、いつもいろいろ手作りされてて、すごいですね!
> 細かい作業もお上手でうらやましいです。
いやいや、基本的に不器用なんですよ。
図工は苦手科目でした・・・
なので、写真に写ってないところでブチャイクなパンが生産されてます(笑)
料理も嫌いじゃないんですが得意ではなくて、
段取りが悪いのか、晩御飯を作るのに毎日1~2時間かかります。
母に「あんた!結婚して12年も経つのに手際が悪いねぇ」と言われますv-356
色々やるのは嫌いじゃないんですが、短時間でササッとというのは苦手です。

ちよぽんさん、ブログ始められたんですね!
頑張って焼いてアップしてくださいね~v-392

2012/09/30 (Sun) 22:14 | あやちん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する