しつこく焼く

太くて柔らかかった 前回のプレッツェル に納得がいかず、
別レシピにて再チャレンジ。
今回は、私が持ってるプロ向けの本を参考に。


12.07.14ラウゲンプレッツェル_生地
加水も油脂も前回よりかなり少なめ。
ベーグルのような生地です。
前回は生イースト使用でしたが、今回はサフで。


12.07.14ラウゲンプレッツェル_成形
前回のようにふわふわしていないため、成形しやすかったです。
前回、レシピ通り生地量100gで50cmにのばしたんですが、
どう考えても多いよな ・・・ と思ってて、
アインさん に助言いただき、今回は52~53gで50cmにのばしました。
ホイロ後、ラウゲン液にひたして焼成~


12.07.14ラウゲンプレッツェル
ラウゲンプレッツェル
焼成時間が長い!
20分ほど焼けと書かれてたのでそのようにしましたが、大丈夫?


12.07.14ラウゲンプレッツェル_塩の方
岩塩が品切れ状態で ・・・ プレーンを1個しか作れなかった
コレに無塩バターが美味しいのになぁ。
独特の香り、しっかり出てます。


12.07.14ラウゲンプレッツェル_チーズの方
チーズはね、今回は普通のシュレッドを使いました。
サムソーの方が美味しかったかな。


12.07.14ラウゲンプレッツェル_細く
今回は細くなりましたよ


食感は固めになりました。
しかし、固すぎない?という気もします。
細い部分なんて、グリッシーニというか、クラッカーというか、
お菓子のような、乾パンのような、ボリボリするんです
ドイツに半年くらい住んでいた姉が言うには
「 パン屋さんのプレッツェルは若干パンぽくて、
   飲み屋で出てくるプレッツェルは固くてボリボリしたよ 」
だそうですが。
じゃぁこれは飲み屋さんタイプなのか?
アインさん とこのプレッツェルの食感は、前回と今回の中間くらい。
なかなか思うようにはいかないなぁ
でも、このお菓子のようなプレッツェルが結構美味しくて、
あっという間に消費されました~。



さてさて、日曜日は長女のピアノの発表会でした。
12.07.15ピアノ発表会
「 音符が読めない、指が動かない 」
とピーピー泣きながらも練習をした甲斐があり、
あまり詰まらずに弾けました。
3歳から18歳まで15年間ピアノを習った私。
発表会で昔弾いた色んな曲を聴くと「 またピアノ弾きたいな 」 と思います。
でも、社会人になってからあまりピアノに触れなくなったので、
頭の中では曲を覚えていても、指がスムーズに動かないんです
指練習から始めなきゃな ・・・。
大好きな何曲かでいいから、また上手に弾けるようになりたいですね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する