早速リピ

昨夜は旦那様が出張で不在だったので、
早朝からパンを焼いたというのに、再度、22時から生地を仕込みました


12.03.19カマンベールとオリーブの全粒パン_材料
先日のカルチャーカレッジ で焼いてきたパンが美味しかったので、早速リピです。
大きなボウルは、モルトを溶かした水と老麺。
小さなボウルは、前日に全粒粉と水とメープルシロップを合わせた物です。
我が家には松の実が無いので、今回はひまわりの種で代用しました。


今回は、微量イーストを更に減らし、発酵時間を長めにした配合にしてます。
アンデルセンのカルチャーカレッジでは、
時間内に収めるために発酵時間を少し縮めてあったりするんですが、
レシピを作った先生には
「 ホントは、イーストをもっと減らして発酵を長く取りたい 」
という思いがあり、そこをちゃんと説明してくれるんです
と言っても、
イースト量がやたら多かったり発酵温度が高かったりという事は無いので、
レシピ通りでも問題無く美味しいパンなんですけどね
そこはプロ、理想を求める姿勢があるんでしょう


12.03.19カマンベールとオリーブの全粒パン_パンチ
さて、手ごねしてゆったり発酵させた生地。
オリーブとひまわりの種はミキシング完了時に既に混ぜ込んであります。
パンチを入れる際、カマンベールをのせてたたみますよ。


早起きしたので寝ちゃわないように、
録画した山村美紗サスペンスを見ながら発酵を待つ~


12.03.19カマンベールとオリーブの全粒パン_成形
分割 ・ ベンチ後、
表面に粉をたっぷりまぶし、めん棒で十字にスリットを入れます。
ハイジの白パンと同じですね。
生地が切断されないギリギリまで押さえつける成形なので、
簡単に見えますが、力加減が案外難しいんですよ
表を下に、キュッとすぼめるようにキャンパス地に置いてホイロです。


12.03.19カマンベールとオリーブの全粒パン_焼成前
焼成前、表を上に置き直し、スリットの部分にカマンベールを載せます。
スチームをしっかり効かせて焼成~


12.03.19カマンベールとオリーブの全粒パン
カマンベールとオリーブの全粒パン
夜中の1時半頃焼き上がり、冷ましてたらそのままソファーで寝ちゃった
というワケで、こちらは今朝撮影した写真です~。
焼き色も美味しそうに焼き上がりました!


12.03.19カマンベールとオリーブの全粒パン_材料クラム
ベースはコンプレなんですが、
強力粉を少し配合してあるし、全粒粉も前処理してあるので、
ボリュームも出るし、ふんわりして口当たりもボソボソしません。
ひまわりの種、
松の実よりちょっと固い感じですが、悪くはないですね。
とっても美味しいパンなので、あっという間に消費しちゃいます~。


うちの店のポイント5倍デーには、
カマンベールを何個か買ってストックしておきたいな
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する