変わり種を求めて

卒業制作で作るパン、ハード系ならちょっと変わり種なパンにしたいなぁと思い、
仕事後に店内をウロウロし、使ってみようと思ったのがこちら。
12.01.13おかひじき
何か分かる方、いらっしゃいますか?
海藻ではありません。
もちろん雑草でもありません。
これは おかひじき という野菜です。


青果担当の子に 「 これってどんな野菜? 」 と聞くと
「 う~ん、例えるなら、粘りのないめかぶ! 」 ってさ。
シャキシャキしてるらしい。
面白そうなので、チャレンジ決定~


12.01.13おかひじきのリュスティック_ミキシング
加水80%で、ライ麦 ・ フォルサワーも配合したゆるゆるな生地。
後でチーズや醤油を使うため、塩は若干少なめに。
今回はリュスティックにするので、ザザッと混ぜただけでこねません。
マスタークラス で習ったように、パンチを繰り返して生地を作っていきます。


12.01.13おかひじきのリュスティック_パンチ
こちらは1回目のパンチの様子。
ビヨヨーンとのばし、折りたたんでいきます。


12.01.13おかひじきのリュスティック_具材を混ぜ込む
2回目のパンチ時、生地を2分割し、それぞれ具材を混ぜ込みます。
上 : おかひじき + コンテチーズ
下 : おかひじき + 桜エビ
おかひじきは、1分くらい茹でて水気を拭き、ザクザク刻んであります。
パンチはもぅ1回入れますよ


12.01.13おかひじきのリュスティック_成形直後
ゆっくり発酵 + 3回のパンチで生地がつながりました。
表になる方を下にしてキャンパス地に置き、ホイロです。


12.01.13おかひじきのリュスティック_焼成前
ホイロ後、ひっくり返してクープを入れ、スチーム入れて焼成~
焼き上がったら、煮きったみりんと醤油を合わせた甘辛醤油を薄く塗ります。


12.01.13おかひじきのリュスティック(桜エビ)
おかひじきのリュスティック(桜エビ)
見た目にあまり桜エビが出てないですね


12.01.13おかひじきのリュスティック(桜エビ)_クラム
うん ・・・ ??
生地の感じは私がよく作るライ麦パン的な味わいで、パンとしてはアリはアリだけど、
おかひじきをイマイチ活かせてない。
シャキシャキ?? 全くしない。
次回は生で入れてみるか?


もぅ1つ、こちら。
12.01.13おかひじきのリュスティック(コンテ)
おかひじきのリュスティック(コンテ)
流れ出たチーズがこんがり焼け、見た目がちょっと華やかになっていいね。


12.01.13おかひじきのリュスティック(コンテ)_クラム
おぉっ! この生地にコンテは合う!
ただ、やっぱりおかひじきが ・・・ 中途半端。
おかひじきを生で入れてみてもダメなら、
この生地にコンテはそのままで、他の具材を探してみてもいいかもな。


私と次女はコンテで、長女は桜エビの方が美味しいと言ってます。
う~む、誰かよく味の分かる人に試食してみてもらいたいわぁ。


えっと、私がオリジナルのパンを作る時、
よく長女に配合を口頭で伝えてメモらせてます。
今日も手がドロドロだったので私の言葉をメモってもらったんですが、
12.01.13配合メモ
ポルサワーって何ですか!?
「 もると 」 や 「 いーすと 」 が平仮名な事よりも、
もぅこの 「 ポルサワー 」 に大爆笑な私でした。


明日は保育園の保護者会。
2月にバザーがあるので、また徹夜でパンを焼くのよー。
今年は何を作るか、ぼちぼち考えないといかんな
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する