ベーキングスクール上級 第5回

今日はベーキングスクールの日なので、広島アンデルセンへ行ってきました。


まずは、りんごを贅沢な使い方で使用するパンから。
11.12.06パン・オ・シードル・オ・ポンム_ミキシング
りんご果汁と、りんごのお酒 「 シードル 」 を仕込み水とします。
ベタベタな生地なので、指先でこねていきます。
生の角切りりんごも加えますよ~。


りんご生地が発酵している間、もぅ1つのパンを作ります。
11.12.06フルーツライブレッド_フルーツ混ぜ込み
ライ麦メインで、全粒粉も入った生地。
この写真は、漬け込みフルーツを生地に混ぜ込む際のもの。
いつもは 生地 > 具材 ですが、今回は 生地 < 具材 なんですよ。
生地は、いわば接着剤の役割。
なので、いつもは生地で具材を包むんですが、今回は具材で生地を包んだのです。


11.12.06フルーツライブレッド_成形デモ
手粉を上手に使いながら四角くまとめ、
焦げ防止のためにミルクフランスの生地で表面を覆います。


フルーツライブレッドのホイロ中、りんごのんに着手。
11.12.06パン・オ・シードル・オ・ポンム_成形&焼成前
上 : リング状に成形し、
下 : ホイロ後、ハサミを上手に使って切れ込みを作り、
     りんごのコンポートをはさみます


フルーツライブレッドの仕上げは
11.12.06フルーツライブレッド_仕上げ
ライ麦粉をふり、箸で穴を開けます。
下の写真が私のん。


11.12.06試食
焼いてる間に試食です。
上 : セーグルトン + ゴルゴンゾーラピカンテ + アカシアの蜂蜜
下 : フィグ&ピーカン + キャステロホワイト
この贅沢な一口二口がとっても幸せです。
お茶は、大好きなフルーティーアールグレイでした 


焼けてきましたよ~。
11.12.06パン・オ・シードル・オ・ポンム_私のん
パン・オ・シードル・オ・ポンム
可愛い見た目ですねー。
ミキシングの時からシードルの良い香りがしていましたが、
焼き上がったパンも良い香りがします~。


11.12.06パン・オ・シードル・オ・ポンム_先生のん
こちらは先生のんです。


続いてもぅ1つの方。
11.12.06フルーツライブレッド_私のん
フルーツライブレッド
カットする前の見た目はこんなに地味ですが、
帰宅してカットしてみると~
11.12.06フルーツライブレッド_断面
こんな感じで、ほとんどフルーツを食べる感じのパンです。
生地はあくまでもおまけ的な役割ですね。
漬け込みフルーツの洋酒の香りがすごく、それだけで酔いそうな感じ。
大人のパンですね。


11.12.06フルーツライブレッド_先生のん
こちらが先生のん。
クリスマス飾りを施した物、華やかになっていいですね!





さてさて、昨日焼いたシュトレンを持参し、先生に見ていただきました。
フィリングが固すぎて牛乳で緩めた点については
「 塗りやすい状態ではちょっと柔らかすぎる。やや塗りにくいくらいがいい 」
とアドバイスいただきました。
でもまぁなかなか良く焼けてたようで
「 シュトレンって発酵の見極めとか結構難しいのに、上手に焼けてますね。
  うんうん、美味しいです。 」
と言っていただけました
中級の時の褒め殺しの先生(笑)とは違い、
上級の先生はあまり手放しで誉めるタイプではなく
いつも 「 ふんふん、まぁいいんじゃない? 」 くらいの方なので、
今日は十分に誉めて下さったように思います
スタッフさんにもクラスのお友達にも好評だったので、嬉しかったです~





今日は旦那様が仕事で市内に出ていたため、夕方待ち合わせをしていました。
それまで時間を潰しに 丸善&ジュンク堂書店 へ行き、
悩みに悩んで買っちゃった本がこちら。
11.12.06今日買った本
悩みに悩んだのは右側の本。
志賀シェフの著書で、レシピ本と言うよりはかなりマニアックな内容。
憧れの志賀シェフの本。
ずっと読んでみたかったんです。
高くて ( \3,500もしますねん )、マニアックな内容なので図書館にも蔵書が無いので、
読みたいならいつか自分で買うしかないなと思ってました。
そして今日、商品券があるのを良い事に、清水の舞台から飛び降りたで~
教科書買ったと思って、隅々まで読んで勉強したいと思います。


あ、左のラスクの本はね、
どうしても余りがちなハード系パンを消費しやすくするため、
役立つかな~と思って買ってみました。
なかなか美味しそうなラスクが色々と載っていましたよ。





最終的に アインさん へ行き、そこで旦那様と会えました。
シュトレンを アインさん にも食べてもらったら、
「 もうちょっとスパイス効かせた方が絶対美味しいよね! 」
と意見が一致しました。
というワケで、次回はスパイスをプラスしようと思ってます。
で、いつものように我が家の定番パンをアレコレ買ったんですが、
こちらはお初パン。
11.12.06ベッカライアインのパン
レンコンとオリーブのチャバタ
先日 まぁたん が買ってるのを見てたので
「 お友達がレンコンのチャバタを買ったって言ってたんだけど、
  そんな感じのんがあったら1個置いといて~ 」
と注文FAXに書いておいたんです。
明日の朝ごパンにします。楽しみ





楽しい1日でした
スポンサーサイト

コメント

シュトレン褒めてもらって良かったですね!
そして、今回のパンもさすが上級リッチそう~~
でも、あやちんさんちゃんと先生について行ってて(習ったとおりできていて)すごい。

志賀シェフの本、本当に清水の舞台から飛び降りる値段ですね。(あやちんさんが私と同じくらいの経済観念でホッとしたり・・・)
ところで、旦那さんが行って一週間、ひぇ~~~発狂しそうなくらい淋しいですよ、あと2週間もある、どうしよう~~
ぼんと、近所にブラブラする所がないし、起きてから寝るまでずっとテレビとお友達ですが、「ねぇ、ねぇ」と言う相手がいないのはかなり凹みます。
祖母が、おじいちゃんが亡くなってから急にボケたんですが私、ボケるタイプかも・・・(と、今から心配したり)
旦那さんが帰ってきたらまたぶぅぶぅと文句言いそうなんですけど。

2011/12/07 (Wed) 12:20 | まゆみ #- | URL | 編集
まゆみさん♪

> シュトレン褒めてもらって良かったですね!
ホントに良かった~。
同じクラスの人からは「売って欲しい~」と言われ、
スタッフさんも「これ売れますよ!」と言って下さいました。
ちょっと自信ついたな~v-344

> そして、今回のパンもさすが上級リッチそう~~
> でも、あやちんさんちゃんと先生について行ってて(習ったとおりできていて)すごい。
いやいや、ついて行けてないですv-356
フルーツたっぷりのんをミルクフランス生地で包む際、
生地が破れてきてしまい、先生に「HELP!」と助けてもらいましたよ。
こーゆう繊細な作業は苦手っす・・・。

> 志賀シェフの本、本当に清水の舞台から飛び降りる値段ですね。(あやちんさんが私と同じくらいの経済観念でホッとしたり・・・)
でしょ?
パンの本ばかり増えるので、図書館にある本は買わずに借りる方向でいってますが、
さすがにこんなマニアックな専門書は蔵書にないんですよ。
本の内容から考えれば、\3,500でも納得ではあるんですが・・・
だからってポンッと出せる金額ではないですよねv-388

> ところで、旦那さんが行って一週間、ひぇ~~~発狂しそうなくらい淋しいですよ、あと2週間もある、どうしよう~~
私は先日旦那様が沖縄に行って3日間いない時、気楽に過ごせて良かったですよv-392
まぁ、子供達が居たので、淋しくはなかったですが。
今しかできない事、何かやってみては?
レース編みに集中するとか、作業的な物が案外いいかも~。

2011/12/07 (Wed) 17:17 | あやちん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する