執念のたまもの

今日はお休みだったので、自分が焼きたいパンを焼きました~


過去2回挑戦して、もぅちょっと改良したかった “ 紅茶のクロワッサン ”。
今回はアンデルセンのレシピではなく、
久々に “ レストランのパン カフェのパン ” のレシピで作ることにしました。
思えば、私がクロワッサンをよく作るようになったのは、この本の影響です。
手順写真がたくさんあるし、解説も丁寧で分かりやすい本なんですよ


オーバーナイトで発酵させるので、ミキシングは昨夜~。
11.11.09紅茶のクロワッサン_材料
大きいボウルには、
リスドォル ・ アールグレイの茶葉 ・ 砂糖 ・ 塩 ・ バターが入ってます。
面白いのは、バターをこの段階で入れちゃうというところ。
まず最初に、粉をまぶしながらバターを指ですりつぶします。
スコーンを作る時のような作業ですね。
小さいボウルには、
紅茶液 ・ 牛乳 ・ 卵 にインスタントドライイーストを溶かしてあります。
今回は cuoca アールグレイオイル を少量落としてみました。


11.11.09紅茶のクロワッサン_ミキシング
水分が少なくて固い生地なので、カードで切り刻むようにミキシング。
少しこねてからフロアタイムを置き、パンチを入れてから冷蔵発酵へ。
アンデルセンレシピとは全く違う製法です。


11.11.09紅茶のクロワッサン_冷蔵発酵
冷蔵庫で1晩発酵させた生地。
ゆっくりと膨らんでくれました。


ここからが今日の作業です。
まずは、バターを用意しましょ。
11.11.09紅茶のクロワッサン_バター
アンデルセンで買うロールインバターは有塩でマーガリンが配合されていますが、
今回はバター100%で作ります。
バター100%だとのばし難いので、
少しのばしやすくするために10%ほど薄力粉を叩き込みます。
今回使用したのは、高千穂バター ( 無塩 ) です。


11.11.09紅茶のクロワッサン_分割
アンデルセンの油脂に慣れて以来、バター100%で作るのが恐かったんですが、
難なくのばせました。
昔はよくバターをはみ出させたりしてたけど、それも皆無。
一応、昔作ってた頃よりは技術が身に付いたって事なのかなん
今回は粉量が多いので、ボードの端から端までのばす状態でした。
個数も多いですね。


11.11.09紅茶のクロワッサン_ホイロ前後
ホイロ前後です。
膨らむと層が出てきますね~


11.11.09紅茶のクロワッサン
紅茶のクロワッサン
いい色に焼き上がりました
焼き上がりに、紅茶液のシロップをうちましたよん。


11.11.09紅茶のクロワッサン_アップ
層もキレイに出ましたね


ただね ・・・
11.11.09紅茶のクロワッサン_紅茶粒(光)
光が当たるこちら側から撮った写真は茶葉がちゃんと紅茶粒に見えますが、


11.11.09紅茶のクロワッサン_紅茶粒(陰)
陰になるこちら側から撮った写真は、粒は小さいけど黒ごまに見えない?


でもね、でもね、
11.11.09紅茶のクロワッサン_クラム
クラム、上出来っっす
今まで焼いたワッサンの中で、1番の出来映え。
餅化した部分が無く、こんな美しい蜂の巣状になったのは初めて。
ビバ!! これぞワッサンよ!!


実はね、蜂の巣状が美しく作れなくてずっと悩んでたんだけど、
久々にこの本を手に取ると、原因がちゃんと書かれてました。
層が1枚ずつ独立しないのは、冷凍庫に入れた時に生地の芯まで冷えず、
生地が一体化してしまったため。

だそうな。
今までは、油脂がはみ出ずのばせるタイミングだけを探って作ってたけど、
もっと冷やさないといけなかったんだね!
今回は、その点に注意して作ったのよ。
こんなキレイな層が出て、ホントに嬉しいっ
もっと早くにこの本を広げてみれば良かったな。


11.11.09紅茶のクロワッサン_お茶と
お茶でも煎れて、食べましょ食べましょ~。
この琥珀色のお茶は、台湾の烏龍茶 “ 凍頂烏龍茶 ”。
普通の烏龍茶のように苦くなく、さっぱりしていて飲みやすく、甘いパンとよく合います。
ベーキングスクールで飲んで以来、気に入ってるの~。


今回は、満足いく紅茶感が出せました。
焼成時、いつもはマーガリンの工業的な臭いがしてたけど、
やはりバター100%は香りが良かったです
過去2回作った紅茶のクロワッサンは納得いかなかったので、
今日大満足な物が作れたのは、執念のたまものですね


今日はバゲも焼いたんですが、まぁひどい物で
11.11.09バゲット
なんなんでしょう、この暴れたクープ
今回は タイプER で作りましたが ・・・ 原因はソコじゃないと思う。
バゲを焼かずに離れてるうちに、勘が鈍っちゃったんだろうな。
やっぱ続けて焼かないとダメだねー


明日もバゲ焼いてみるかな。
子供達のアゴの発達にも良さげだし
スポンサーサイト

コメント

なるほど~~~~~、層が一体化しちゃうのは冷やしが足りなかったからですか!
私もそうかもしれないです。手ごねのレシピには10分、10分、そして20分、と書いてあったし、せっかちの私はとっとと伸ばしていたんですが、もっと待ってみた方が・・ですね。
それと、バターに少し薄力粉を入れると伸ばしやすいんですか。あやちんさんのブログでは、他では分からない細かなことが分かりますね!
こちら非常~に暖かくなってきてしまいましたが、またクロワッサン焼きたくなってきました。
私、デニッシュ大好きなので。
テーブルロール使用の惣菜パンもだし、焼きたいのがたまってきた~~
(まだね、慣れてないのであやちんさんみたいにサクサク作ることができず、妙に気合が入ってしまうんですよ・・いらんエネルギーがいる・・・ので、始めるまでがなかなか)

2011/11/10 (Thu) 09:41 | まゆみ #- | URL | 編集
まゆみさん♪

> なるほど~~~~~、層が一体化しちゃうのは冷やしが足りなかったからですか!
> 私もそうかもしれないです。手ごねのレシピには10分、10分、そして20分、と書いてあったし、せっかちの私はとっとと伸ばしていたんですが、もっと待ってみた方が・・ですね。
そうですね。
私も、のばしやすい固さならOKと思ってたんですが、
それだけだとキレイな層にならないようです。
もぅ1回焼いてみなくちゃ。
きちんと焼けるようになりたいです。

> それと、バターに少し薄力粉を入れると伸ばしやすいんですか。
低水分バターというバターがあり、
通常のバターより3%くらい水分が少ないだけなのに、格段にのばしやすいんですよ。
薄力粉を叩き込むのは、バター100%でのばしやすくするための工夫ですね。

> テーブルロール使用の惣菜パンもだし、焼きたいのがたまってきた~~
惣菜パンなら、旦那様食べてくれないかなぁ?
サンドイッチ感覚というか、おかず+パンなワケだし。

> (まだね、慣れてないのであやちんさんみたいにサクサク作ることができず、妙に気合が入ってしまうんですよ・・いらんエネルギーがいる・・・ので、始めるまでがなかなか)
うふふ、分かりますよ。
「よし!今日は作るぞ!」と意気込んでからじゃないと着手出来ない感じでしょ?
私、ワッサンやバゲなんかは、意気込んでからじゃないと作れません(笑)

2011/11/10 (Thu) 15:36 | あやちん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する