レトロバゲット

バゲットの話をしてたら、焼きたくなった
発酵種を入れるのやら、老麺を入れるのやら、色々あるけど ・・・
ストレート法で作れる、でも加水高めで難しい、レトロバゲットを久々に焼いてみよう。


11.07.14レトロバゲット_生地作り
左上 : 粉・イースト・塩・モルトをヘラで練るだけでミキシング終了
左下 : 暑い廊下で50分放置後

中上 : 左下の状態にパンチを入れて丸めた状態
中下 : 再び暑い廊下で70分放置後

右上 : 中下の状態にパンチを入れて丸めた状態
右下 : 再び暑い廊下で90分放置後
    (この写真だけ色が違うのは、これだけダイニングで撮ったからです)


え~、読んだら分かると思いますが、
材料は混ぜるだけで、
後はパンチ・パンチで生地を鍛え、ゆっくり発酵させて熟成させる製法です。
作り方は単純だけど、難しいパンです。


レトロバゲット、美味しいんですよ。
東雲の エフェさん でも、沼田の カドナさん でも、レトロ生地のフランスパンを売ってます。
もちろん、プロの生地は私が作る物よりももっと加水高いんですが。


11.07.14レトロバゲット_ホイロ
成形して、布取りしてホイロ~。
布取りしても、最終的にかなりダレますけどね。


さぁ、いよいよ焼成で天板に移そうとした時、トラブル発生!!
11.07.14レトロバゲット_トラブル発生
分かります?
キャンパス地にしっかり打ち粉をしてたのに、生地がくっついちゃったの
これだから加水高い生地は難しいのよ ・・・


11.07.14レトロバゲット_クープ入れ
なんとか取り出し、クープを入れました。
ね? ダレてるでしょ?
でもまぁ、カドナさんはゆるさん 家で焼いた時もこんなかったような ・・・
  ( その時の記事はこちら →


スチーム入れて焼成~
11.07.14レトロバゲット
レトロバゲット  でけた。
奥のん、私にしてはまぁまぁな見た目だな。
手前の “ のっぺら棒 ” は ・・・ 無視って下さいね


カドナさん がね、
11.07.14レトロバゲット_こんがり
こーゆう、細くした端っこをこんがり黒く焼いたのんを、わざと1~2本作るんだって。
カドナさん のハード系は、
基本的にしっかり焼き込んでクラストの甘味を引き出す主義らしいんですが、
そんな中でもこーゆうこんがり君を作ると、
ガリガリのクラスト好きなお客さんが選んで買っていって下さるそうです。
私もクラストは固めが好きなので、今回はしっかり焼き込んでみました


クラムは~
11.07.14レトロバゲット_クラム
コレ、コレ、コレですよね!
フルボッコな気泡と、しっとりしていて透けるような薄い膜。
ホントに美味しい~


1年数ヶ月前に焼いた物よりは、マシなレトロバゲットを焼けるようになったっぽい。
加水高いけど、昔ほど臆せず作れるようにはなったかな。


今日はこの手間のかからないレトロバゲットを作りながら用事をする予定だったのに、
母が 「 夜飲み会があるから、手土産パンを焼いて 」 と急に言ってきて、
仕方ないので、用事を後回しにして焼きました


11.07.14くるみあんパン_ゴロゴロ
くるみあんパン
ゴロゴロ、ゴロゴロ、たくさんあるでしょ?
20個焼いたんですよ。


11.07.14くるみあんパン
くるみが香ばしくていいですねー
なんか写真が暗いな


それと
11.07.14レーズンロール
レーズンロール
こちらも20個焼きました。


11.07.14レーズンロール_アップ
今日は、アーモンドスライス & グラニュー糖でお化粧してみましたよ。


11.07.16手土産
個包装にして、箱詰め~。
今日はシールを作る気力が無かった
今夜の飲み会は、60代以上の女性が主体の民生委員の集まりだそうなので、
菓子パンが喜ばれるだろうと、この2種類にしてみました。


どちらも美味しく出来ました
しかし、今日やるはずだった事が何1つ出来なかった
明日も明後日も外出予定が ・・・ 困ったな
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する