またまたドイツパンを食す

朝食に、昨日の ミッシュブロート をカットしました。
11.06.14ミッシュブロート_カットしてみたん
こんな感じです。


私の成形がヘタレだったようで
11.06.14ミッシュブロート_穴
なんか、大きな穴が開いていました
ゆうこ姉☆ にあげたのも穴開いてたのかなぁ?


11.06.14ミッシュブロート_クラム
穴以外は、まぁまぁじゃないかと思います。


昨夜作っておいたスプレッド2種。
11.06.14スプレッド2種
この手のドイツパンは、料理に合わせて食べるのが基本ですが、
スプレッドがあればお手軽に食べられます

上はくるみバター。
無塩バター ・ くるみ ・ 玉ねぎ ・ マジョラム ・ ナツメッグ ・ 塩胡椒。

下はツナのトマトスプレッド。
水煮のツナ ・ ドライトマト ・ クリームチーズ ・ アンチョビペースト
・ 玉ねぎ ・ オリーブオイル ・ バジル ・ 塩胡椒


くるみバターは、多めに作って ゆうこ姉☆ にもあげました。
うちの旦那様、これを塗ればドイツパンも食べてくれるんですよ


スプレッドを塗ると、こんな感じです~。
11.06.14ミッシュブロート_スプレッドのん
長女も次女も、美味しく食べてくれました


ちなみに、こちらは仕事から帰って1人ランチ用に用意したのん。
11.06.14ミッシュブロート_ランチに
ベーキングスクール の時に習った組み合わせ。
汁気を切ってバターと炒めたザワークラウトと、
ドイツハム専門店 ミュラー・オオタニ の白いソーセージをのせ、
アインさん で買うスイートマスタードをちょこっとのせました。
なんてドイツ~ と思いながら食べてみたところ ・・・
コレがあかんかった


ベーキングスクールの時のパンは、ライ麦20%のヴァイツェンミッシュブロートで、
風味付けの粉末フォルサワーとイーストで焼いたパンでした。
なので、酸味がほとんどなく、一般的な方でも食べやすいパンだったんですよ。


しかし、今回作ったのはイースト不使用で熟成したサワー種のみで焼いたパン。
小麦が50%入っていますが、結構な酸味があるパンです。
なので、ザワークラウトの酸味が加わると、ちと酸っぱすぎた
この組み合わせ、ライ麦パンなら何でもOKというわけではないんだね。
ザワークラウトを取り除いたら、美味しく食べられました


今日は、焼きたいけど焼きません。
だって、食べ切れてないパンが残ってるので ・・・ 今日は我慢!
ここのところ、でっかいデデーンとしたパンばかり焼いてたので、
明日は甘くて小さい、可愛いパンを焼きたいなぁ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する