ザワーシュペック

一昨日作った ブルーベリートッペン のフィリングが余ってたので、
ブルーベリーを生地に入れ忘れたこともあるし、もぅ1度チャレンジすることに


前回とても美味しい生地になったので、今回もやはりホシノで全粒を配合。
フィリングが生地全量分は無いので、
6:4くらいに分けて、少ない方にブルーベリーを練り込みました。
11.05.18ホシノ生地フロアタイム
左が出勤前の9時過ぎで、右が16時頃。
今日は温かかったのか、室温発酵だけで十分でした。
やっぱり、仕事の日はホシノが便利だなぁ


11.05.18ブルーベリートッペン_成形
綺麗な色になった生地をのばし、
トッペンフィリング+ブルーベリーを巻き巻き
4個にするつもりだったのに、のばしすぎたので6個にしてみました。


さて、ブルーベリーを練り込んでない方の生地をどうするか?
なんとなく、旦那様が食べられる惣菜系にしようとは思ってたんだけど、
“そういえば、昨日の試食の組み合わせ、美味しかったな~” という急な思いつきで
11.05.18ザワーシュペック_成形
四角くのばして粒マスタードを塗り、
バターで炒めたザワークラウト ・ ベーコン ・ ダイスチーズを巻き巻き


11.05.18ホイロ
それぞれ、上がホイロ前で下がホイロ後です。
ブルーベリーのん、型に対して生地量が少なかった
やっぱ4個にするべきだったな。
型に入れた意味ないし


11.05.18ザワーシュペック
ザワーシュペック byホシノ
生地自体は日本的な柔らかいパンで、
こんな柔らかいドイツパンは無いですし、
直訳すると “酸っぱいベーコン” という意味のダサイ名前ですが、
どうしてもドイツ語で名前を付けたかったのです。


11.05.18ザワーシュペック_アップ
これね、ザワークラウトの酸味とベーコンがよく合うんです。
ザワークラウトの酸味がパン生地と合わないかと心配してたんだけど、
バターで炒めたのとベーコンの脂とで酸味がマイルドになるのか、
この生地との相性もバッチリでした


そして、こちらも
11.05.18ブルーベリートッペン
ブルーベリートッペン byホシノ
今日は粉糖はかけませんでした。
添えたドリンクは、エルダーフラワーシロップを水で割ったものです。


11.05.18ブルーベリートッペン_アップ
生地にブルーベリーを練り込んだことで、格段に美味しくなりました
ちょっとした差で、こんなにも味わいが変わるのね。
とーっても美味しいパンになりましたよ
小さめサイズになっちゃったけど、これはこれでアリだな
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する