ベーキングスクール初級 第1回

今日は広島アンデルセンベーキングスクールの第1回目でした。

写真はないんだけど・・・先生が想像してたより若くて驚いた。
なかなかのイケメンです
なんて、最近は白衣着てるプロの人を見るとみんなイケメンに見える私。
職人技のお仕事をしてる方は素敵、ってことで

今日は、またまたテーブルロール。
体験会の時よりも、もっと掘り下げた内容でした。
生徒は20~40代の主婦層で、全くの初心者という方はいないようでした。
1人、うちの父くらいのおじさまがいた・・・何で?

第1回目という事もあり、
話さなければいけない事と時間との折り合いが合わなかったのか、
ホイロが終了して出てきたのが
10.10.12ベーキングスクール_焼成前
若干ホイロオーバーではないかい?
あ、これ、塗り玉後です。

生地表面が粗い気がして
先生に「のばし方が悪かったんですか?」と聞くと
「全員のペースを合わせてやったからベンチタイムが長すぎ、
 発酵が結構進んだところを潰して成形するとイーストの力が弱まり、
 生地が弱ってしまったんだろう」
とのことでした。
ま、今日は生地を触りまくった感があるからね。
やはり分割からは手早くやりたいところです

焼けたパンがこちら
10.10.12ベーキングスクール_テーブルロール
バターロール成形の方はまぁまぁだけど、
8の字成形の方はやはり発酵オーバーだったみたいね。

試食用に出されたのは
10.10.12ベーキングスクール_試食
バターロールにハムを巻いたもの。
助手の方達が作って焼いてくれたものです。
このハム、1階のデリカで売ってる切り売りのハムで、
切り立てを使うとハムのしっとり感とかジューシーさが違うそうです。
とってもおいしかった
贅沢だぁ~
お茶は、今日はシトラス系のハーブティー・・・だったと思う。(うろ覚え)

通信講座でも結構学べたと思ってたけど、
やはり、自分の動作を見て
「ここをこうすると上手くいくよ」とアドバイスしてもらえるというのは
通信講座にはない、最大のメリットですね。

たとえば、レシピ本には「棒状にする」とか「丸める」としか書かれてないけど、
製パン理論として生地をどうしたいのかとか、
どういう感覚でやれば上手くいくのかいう事は、
どこにも書かれてない事だし、先生についてみて初めて知る事でした。
今日1回だけでも、学ぶべき点はたくさんありました。
思い切って入学して良かった~とホントに思います


1階で買いたいパンが何個かあったけど、
今日学んだ事を早速家で復習するつもりだったので、
買いたい気持ちをグッと我慢
10.10.12アンデルセンのパン
厳選して買ったのがこの2つ。
上:栗粉を練り込んだ生地に栗も入ってるパン ¥230
下:メルヘン大賞のパン ¥260

上は自分用で、下は娘達用。
栗粉って、まさに今このシーズンしかない物なのよね。
食べてみたけど・・・想像してたほどの栗感はなかった
栗がもっとガッツリ入ってて欲しいけど、値段が上がるから難しいんだろうな~。
メルヘン大賞のパンは、絵本と鉛筆を模した物。
片方のページにカスタード、もう片方にあんずジャムが入ってるらしい。


さてさて、栗のパンを食べた後は、早速復習でございます。
ちゃんと手ごねしました~。
10.10.12テーブルロールの復習
テーブルロール
若干色がつきすぎたかな?
でも、生地はとっても良く出来たみたいで、ものすごーくおいしく出来ました

こちらは失敗したのん。
10.10.12テーブルロールの復習_失敗
8の字成形はホイロ中に片方の輪っかが外れてしまい、
バターロール成形は底に来る予定の先っぽがペロンと出た状態に。
ま、これもご愛敬。

で、こちらが成功したのん。
10.10.12テーブルロールの復習_アップ
8の字成形、ちょっと形がイビツになっちゃったけど、
適正時間で扱えたので、生地表面はちゃんとツルッとなりました
バターロール成形も、以前と比べると上達したなぁと思います。


いやぁ、今日はホントに色々と勉強になり、充実した1日でした。
テーブルロール、もうちょっと納得いくまで焼き続けてみようかな。
スポンサーサイト

コメント

今日は、スクールお疲れ様でした。
すごく綺麗なロールパンですねv-344
練習した分あやちん。さんの身になってますね。
私もあやちん。さんに負けによう頑張って勉強します。

あー。アンデルセンのパンが食べたくなったーーーー。

2010/10/12 (Tue) 23:45 | つながりまゆげ #- | URL | 編集
つながりまゆげさん♪

何度も何度も焼いて、確実に自分の物にしていきたいですv-91
持ち帰った物と家で焼いた物、どちらとも旦那様に
「売り物と差ないじゃん」と褒めてもらいましたv-344
家で手ごねした方がホントに生地が良くて、
色んな条件でおいしさが変わってくるんだな~と思ったよ。

アンデルセンに行くと、どうしてもハード系の前でウロウロしちゃうv-411
ミューズリーがたっぷり入ったのとか、
ヒマワリの種や亜麻の種がいっぱい入ったドイツパンとか、
すっごく買いたかったけど、我慢したよ~。
だって、テーブルロール16個消費しなきゃいけないモンねぇ・・・。

2010/10/13 (Wed) 07:08 | あやちん #- | URL | 編集

少し前にアドバイスしていただいたにこです

きのうスクールの初回だったんですね~。ますます磨きがかかっちゃいますね
イベントで出されるパンがより楽しみになりました~

スクールのお話とは違いますが、ブログを拝見していて出てくる通信講座っていうのはどんなものなんでしょうか

あやちんさんのご存知なことでかまいませんので教えてくださいませ

2010/10/13 (Wed) 09:44 | にこ #- | URL | 編集
にこさん♪

> ますます磨きがかかっちゃいますね
うふふv-410、ますます磨きますよ~v-353v-353
通信講座は受けたけど、今までほぼ独学でやってきたので、
1度ちゃんと習ってみたかったから。

> ブログを拝見していて出てくる通信講座っていうのはどんなものなんでしょうか
私が受けたのは、日本創芸学院の「手作りパン講座」です。
こちら↓で概要が見れます。
http://www.happy-semi.com/pan/

私にとっては、知識が深まり幅も広がり、とてもためになりました。
ただ・・・ホントに初心者の方にはあまり向かないと思います。
テキスト1ではパン作りの基本的な事について学べますが、
テキスト2以降は・・・・正直、内容がマニアックなんですv-356
ドイツパンにしても天然酵母にしても、
手間や時間がイーストのパンよりも多くかかるので、
いきなりココから入るというのはヘビーかな?と感じます。
パン作りを好きになる前に嫌になっちゃう可能性もあるかもv-404と。

気軽に習う事ができたら1番いいんでしょうね~。
私、アンデルセンを全て修了して自信を持てるようになったら、
自宅でパン教室をやれたらな~と考えています。
でも、少なくとも2年半後だから、にこさんは間に合いませんよね(笑)
月に1回くらい、試験的にパン教室を開いてみようかしら、なんてv-392

2010/10/13 (Wed) 16:44 | あやちん #- | URL | 編集

いつも丁寧なお返事ありがとうございます
気軽に習いつつ、自宅で実践もつんでみたいと思いま~す
といってもこれから道具を揃えるんですけど

ぜひ月1で教室を開いてください
そして私のような、さまよう初心者に身近な先生になってください

2010/10/13 (Wed) 20:04 | にこ #- | URL | 編集
にこさん♪

“超初心者さん限定募集”なんてどうでしょう?v-411
あらかじめ作られたカリキュラムがあるワケではないから、
大手パン教室のように「2時間で」とかの短時間は無理だけど、
3時間~4時間みてもらえれば十分出来ます。
10~14時とか?

ベーカリー部の活動も
将来のパン教室のための勉強・・・になるはずが、
みんなくつろいじゃって(笑)おしゃべりばーっかりしてるから、
時間配分が全く練習になってな~いっv-356

「自宅で実践」、それが1番大事な事だと思いますv-392
失敗する事も必要。
何が悪かったのか?どうすれば良かったのか?考えるきっかけになるから。
私もアンデルセンのパンを納得するまで頑張りますよんv-91

パン教室を開きたいと思い始めてからは、色んな事を考えています。
1度、公民館の調理室を借りてやってみたいと思っていて、
子ども会行事として子ども達にやらせてみようとか、
広報誌に載せて町内のおばさま方を集めてみようとか。
ただ、私の性格上、
大人数を相手にするよりは、少人数の方が向いてるかとも思ったり。
どうやって生徒さんを集めればいいのか?とか、
保健所にどんな届け出が必要なのか?とか、
本格的にやるなら、クリアにすべき点がたくさんありますね。
今の仕事をしながらでも、月1くらいなら何とかなるかな~。

2010/10/13 (Wed) 20:39 | あやちん #- | URL | 編集

ピカピカで美味しそうに焼けてるね☆

スクールのおじ様は定年後にパン屋さんを開きたくて習いに来たのでは!?(^-^)
スクールは回を重ねていくのが楽しみだね~♪

2010/10/15 (Fri) 00:59 | ゆうこ姉☆ #- | URL | 編集
ゆうこ姉☆♪

おじさまがね・・・最後の質問タイムで
「生地を叩くのは、だいたい何回が目安か?」と聞くのよ。
先生は
「人によって叩く力加減にも違うし、何回とは言えない。
 何回叩けばいい、何分叩けばいいというのではなく、
 できあがりの生地の状態をきちんと理解し、
 その状態に持って行けるまで叩いて下さい」
と答えてました。
こーゆう質問って、男性的だなぁと思ったよ。
旦那に話すと「あ、俺も聞きそう」と言ってたv-356

今後はどんな技術を学べるか、楽しみだよんv-392

2010/10/15 (Fri) 07:16 | あやちん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する