変わりシュトレン②

16.11.18チョコシュトレン1
広島アンデルセンで習ったもう1つのシュトレンをご紹介。



16.11.18チョコシュトレン2
こちらは「クリーミング」と呼ばれる伝統的なシュトレンの作り方からスタート。
そこに溶かしたチョコを加えます。



16.11.18チョコシュトレン3
そこに粉と中種を加えていきます。
中種はレモンシュトレンと同じ物で良いので、こうやって2種類を1度に作るのもいいですね。



16.11.18チョコシュトレン4
いろんな具材がたっぷり入ります。



16.11.18チョコシュトレン5
マジパンを抱き込むオーソドックスな成形に。
今回のマジパンには砕いた栗を混ぜ込んであります。



16.11.18チョコシュトレン6
試食は、アンデルセンのマンデルシュトレンと、レモンシュトレンのコンフェクション。
定番のシュトレンも美味しい。



16.11.18チョコシュトレン7
私たちのチョコシュトレンはグラニュー糖をまぶした状態で持ち帰り、
落ち着いてから粉糖をまぶします。



16.11.18チョコシュトレン1
レモンシュトレンの方は早めに食べる方が良いとのことでそちらを先にいただき、
チョコシュトレンは4日目から食べてみました。
うんうん、おいしい。
色味もキレイでいいね。
でも・・・レモンシュトレンのインパクトが強かったせいか、
個人的には「ふーん、こんな感じか~」と思ったくらいで、大きな感動はなかったです
レモンシュトレンはねー、ビックリするおいしさだったのよ。
また焼きたいと思ったのは、もう何年も焼いてないヌスシュトレン以来かな。
ヌスシュトレンも久々に作りたい・・・時間あるかな?
これから年末に向かって忙しくなる一方ですね。



記事の最後にいつものせていたブログ村の「ポチッと」のバナーをやめようと思います。
「心の片隅でそこにとらわれている自分」が嫌になってきたのです。
閲覧者は減ってしまうだろうけど、それでもいいか~と思えるようになりました。
ずっと読んでくださってるみなさん、これからもよろしくね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する