恐ろしいパン

16.10.20カルチャーカレッジ1
広島アンデルセンで、秋のパンを習ってきました!



16.10.20カルチャーカレッジ2
講座前に、先生が試食用のパンを作られていました。
粉が付いてない断面と粉がついた表面とが模様になるよう、ネジネジの成形。



16.10.20カルチャーカレッジ3
こちらはブリオッシュの仕込み風景。
上のような固めな中種を使い、ベーカーズ%で60%ものバターを練りこむ生地を作ります。
通常のブリオッシュが50%。
家で作る時は少し控えようと30%にすることもあるので、まず60%という数字に驚く。



16.10.20カルチャーカレッジ4
くるみ入りのバゲット生地に今が旬のコンテチーズを巻き込み、焼いた時にペロンとめくれる成形に。



16.10.20カルチャーカレッジ5
ブリオッシュの成形。
左上:ただでさえバター60%も使った生地なのに、さらにバターを折込むという
右上:折り込んだ生地を巻き上げ、カットして使います。
右下:カットした生地をのばし、アーモンドクリームとリンゴジャムをのせ
左下:生地で蓋をしてアルミケースに入れます。



16.10.20カルチャーカレッジ6
りんごがいっぱい!!
この光景に驚いた。
アンデルセン農場で育った紅玉。
この後、タルトタタンの講座があるんだって。



16.10.20カルチャーカレッジ7
試食用のパンが焼きあがってきましたよ。
美味しそうだ~。



16.10.20カルチャーカレッジ8
リンゴのブリオッシュに紅玉スライスとくるみを載せ、粉糖をふって焼成~



16.10.20カルチャーカレッジ9
本日の試食は、先程の先生が焼かれたくるみのバゲットに柿とコンテチーズをのせた物。
柿をパンと合わせて食べるのは初めてだったけど、すごく美味しかった~。
家でもやってみよー。



16.10.20カルチャーカレッジ10
クルミとコンテチーズのバゲット
あれ???
上はクープを入れたんだけど「なんだこりゃ?」な風貌だし、
下はぺローンとめくれるはずがほぼめくれず・・・成形の努力が無駄となった仕上がり



16.10.20カルチャーカレッジ11
先生のは一応ちゃんとめくれてました。
私の成形が悪かったってことか。



16.10.20カルチャーカレッジ12
ブリオッシュ・オ・ポンム
こちらは先生のん。
デニッシュのように折り込んだのは、表面をカリカリッとさせたかったからだそうですよ。



16.10.20カルチャーカレッジ13
こちらが私のん。
ちょっと変化球で、りんごをサイコロ状にカットしてみました。
あまりにハイカロリーな恐ろしいこのパン、お味は格別です
そりゃそうだ!(笑)



16.10.20カルチャーカレッジ14
超~リッチな生地なので、翌日でもしっとりふわふわ。
ど甘いのかと思いきや、紅玉の酸味で程よい甘さ。
季節感がある、美味しい美味しいパンでした



16.10.25カープサブレ
さて、今夜も日本シリーズをスピーカーシステムの大音量で応援している我が家です。
昨日は残念な結果になりましたが、
強いチーム同士、お互いに力を出し切った良い試合でした!!
日ハムファンの応援もスゴイですが、カープも易々と連敗するつもりはありません。
カープサブレをつまみつつ、カープの勝利を祈りましょう~!



お帰りの際に↓このパンの画像をポチッとしてやってくださーい!! 
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ありがとうございます 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する