思い出を残すパン

16.08.29子供教室1
広島アンデルセンで夏休みに毎年開かれる子供向け教室に参加してきました。



16.08.29子供教室2
左が小3の次女、真ん中が小5の姪。
この日、姉が病院へ行くというので、急遽小2の甥も受講させることにしました。



16.08.29子供教室3
食べられるパンは、ライオンパン~。
ポンデライオンみたいだな。
これは、事前に先生が試作したパンを冷凍→解凍したものです。



16.08.29子供教室4
カレーで着色した黄色い生地を小さく小さく分割。
姪はさすが5年生、自力で何とかしようと頑張ります。
次女は私がパンを作る時に時々生地を触りたがるので、それなりにできていました。
問題は甥!!
男の子を育てたことがないので、甥を預かると毎回「何で???」と思うようなことをします。
3人の中で1番小さいせいもあるけど、私は甥につきっきり。



16.08.29子供教室5
子供でもやりやすいような方法で教えてくださいます。



16.08.29子供教室6
上手に作れるかな~?と見守っていると、
やはり甥が問題行動を!!
せっかく先生が子供でもやりやすい方法で教えてくれたのに、
自己流でわざわざ失敗するようなやり方をしてる!!
「こら!!先生の話をひとつも聞いてないだろー!!!」と突っ込みを入れつつ、
再度甥っ子につきっきりになる



16.08.29子供教室7
上が姪作、左下が甥作、右下が次女作。
生地の配置、顔のつけ方で表情も色々。



16.08.29子供教室8
ここからは、食べられないパンを。
シロップで仕込んだ生地で、飾れるブレッドボードを作るんです。
甥が大変身!
姉から「思い通りにできんとすぐグダグダ言い出す」と聞いていたので
「あやちんは手伝わんけん自分で頑張るんよ!」と事前に言い聞かせたのが良かったのか、
1度も助けを求めず、自力で楽しそうに作っていました。



16.08.29子供教室9
その横で、試食用のパンを準備して下さっています。



16.08.29子供教室10
姪っ子が真剣そのもので、
みんなもう終わってるのに、最後の最後まで粘って作っていましたよ。



16.08.29子供教室11
試食~。
ライオンパンの生地でウィンナーを巻いてチーズをのっけて焼いたパンと、リンゴジュース。
私もリンゴジュースをいただきました。



16.08.29子供教室12
ライオンパンが完成~。
左から次女・甥・姪作。



16.08.29子供教室13
思い出パン、これは次女の作品。
山口へ家族旅行へ行った時の、角島大橋を模しました。
橋の上を車が走っていて、水平線の向こうに太陽や島を作りました。



16.08.29子供教室14
これは甥と姪の作品。
姪はなぜかお菓子の家を作ったそうです。
甥はウルトラマンね。



で、トップ画像のこちらは
16.08.29子供教室1
先生のです。
とっても素敵で、もらって帰りたいくらいでした。



子供たちが私の手伝いなく全て自分で作るようになったら、
私も一緒に受講して自分用のブレッドボードを作ってみたいな~。
2年後くらいかな?



お帰りの際に↓このパンの画像をポチッとしてやってくださーい!! 
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ありがとうございます 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する