沼田へおでかけ パン編

16.08.05カドナ1
昨年9月に長女がちょっと難しい病気になり、
度々の病院通い、そのための仕事の調整、学校への送り迎えなどで忙しく、
とてもじゃないけどパンを買いに遠出する時間も気力もなかったこの1年。
行きたいと何度も思いつつ、「よし行こう!」と決意するチャンスがなかなか無かったんですが、
先日奥様からメッセージをいただき、ついに「よし行こう!」と決意しました!



16.08.05カドナ2
カドナ
ものすごい久しぶりの来店。



庭を見ると



16.08.05カドナ3
ん????
前にはなかった何かがありますけど??



とりあえず店内へ入り、店主さんと久しぶりの会話。



16.08.05カドナ4
並んでいるパンは、食パン以外はコレだけ。
左側のキューブパンは、レストランへ卸すものなので売り物ではないとのこと。
ということは、買えるパンは3種のみということ
カドナさんだからあり得る事だけど、
何種類もパンが並ぶ普通のパン屋さんを想像して来られる方はビックリするだろうな。



16.08.05カドナ1
今焼きあがったばかりのスコーンも含め、私は少し取り置きしておいてもらったので買えました。
この日は広大病院受診の日だったので、右端のトレーは担当医へのお土産。
真ん中のトレーは、パン友達のまぁたんへ。



庭の薪のことを聞くと「自分で割ったんですよ」とのこと。
「石窯でもやるの?」と聞くと「石窯、もらったんですよ~」・・・・・って、
え~!! 石釜ってもらうような物!?
「テントの中、入って見ていいですよ」と言ってもらえたので



16.08.05カドナ5
そりゃ見るでしょ!
薪とこの煙突を見て「もしかして石窯?」とは思ったけど、まさか貰い物とは。



16.08.05カドナ6
美味しいピザで有名なポリポさんが移転される時、古い石窯をもらったんだって。
カドナさんの店休日に『石窯の会』を開いてや~。私、来るけん」と言うと
「僕、火をつけれないんですよ」って
火は近所のお友達がつけて下さるそうで、
そのお友達やポリポさんと山に登ったりピザを焼いたりして遊んでいらっしゃるそうです。
この窯はピザ用の窯なのでパンを焼く用ではないけど、
パンも焼けなくもないそうなので、
ぜひカドナさんに火のつけ方を覚えてもらって『石窯の会』を開催して欲しいな~。



16.08.05カドナ7
長女とともに、昼食に車で1つ食べちゃう。
これは、燻製シマヘイさんのソーセージを包んだハードパン。
食べた瞬間に幸せを感じました。
そうそう、これがカドナのハードパンだよ~
具材のソーセージももちろんこだわった物だけど、
やはりパン生地自体が力強く、これぞカドナのハードパン!という感じです。
時間と労力をかけて遠くまで買いに来る価値があります。



他にも色々行ったんですが、それはまた次回。



広大病院での待ち時間中に、買ってきたパンの撮影。
16.08.05カドナ8
左は、レストラン卸用のキューブパンをこのサイズに焼いた物。
セミドライトマトとオリーブが入っていますが、
具がガッツリ入っているわけではないので、生地のおいしさがよく分かります。
右はクリームチーズを包んでベーグル成形にし、真ん中にリンゴの甘煮が刺さってました。



16.08.05カドナ9
これはもぅ何年もある定番中の定番、小松菜のフォカッチャ。
そういえば、いつだったかカドナさんがフォカッチャ屋さんのような時があったな



16.08.05カドナ10
右は車中で食べた燻製シマヘイさんのソーセージのパン、
左は同じ生地でブルーチーズを包んだパン。



16.08.05カドナ11
右はあんぱん、左はチョコチップのスコーン。
スコーン、すっごく美味しかった!!
カドナさんは元々パティシエさんだったのでこーゆうのもお得意なんだと思うけど、
私が作るとホロッとはするけどある程度固まりっぽくなるのに、
このスコーンはどこを食べてもホロホロ感が素晴らしく、食感がすごくいい!!
パンも教えて欲しいけど、このスコーンも教えてもらいたいなぁ。



うちからカドナさんへ行くには、有料道路を2つ通っても2時間弱。
なので、そんなに頻繁には行けないんだけど、
行く度に「ホントに美味しいパンってこーゆうパンだよね」と思います。
雪が積もる地域なので、冬が来る前にまた行きたいな~。



お帰りの際に、↓このパンの画像をポチッとしていただけると助かります 
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ありがとうございます 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する