危険すぎる美味しさ

16.06.19カルチャーカレッジ14
広島アンデルセンカルチャーカレッジで習ったもう1つのパン。
・・・・ん?パンなのか?パンじゃないのか?
これがもぅとにかくビックリなおいしさで、さすがアンデルセン!と思う逸品でした。



16.06.19カルチャーカレッジ9
スコーンなんですが、イーストを少量加えてボリュームが出るようにします。
仕込みの水分はヨーグルトと卵。
面白いな。



16.06.19カルチャーカレッジ10
少ない水分の生地を握ってまとめていきます。



16.06.19カルチャーカレッジ11
なんとなくまとまった生地を
左上 : サイコロ状にカットしたバターを包み
右上 : バターが全体に広がるよう練りこんでいきます。
右下 : 冷板に広げて
左下 : 折りたたんで層を作っていきます



16.06.19カルチャーカレッジ12
端をカットして、正方形にカット。
うん、超簡単。
バターがサイコロ状に残って見えるのを見て、はちさんのパイ生地 を思い出した~



16.06.19カルチャーカレッジ13
デニッシュスコーン
これが私のん。
デンマークで伝統的に食べられているという物ではなく、
デニッシュのように層を作るスコーンだからこの名前になっているそうです。
広島アンデルセンでも売ってるそうですよ。



16.06.19カルチャーカレッジ14
こちらが先生のん。
割れた物と割れてない物とがありますが、割れてる方がおいしそうに見えます。
割れるのは、
折りたたんだ時に弱かった部分だったり、油脂の塊があって持ち上がったりが理由だそうです。



端生地を集めて丸めて焼いただけの物を試食させてもらったんですが、
あまりの美味しさに しほりちゃん と思わず目を見合わせて「ん~っ!!!!!」ってなった!
バターたっぷりで超ハイカロリーなんだけど、これは作りたいね!と話しました。
他では食べたことがない味と食感。
プロが考えるパンはやっぱりスゴイな、さすがアンデルセンだなとあらためて思いました。



教室で習うというのはすごく良いですね。
新たな発見もあるし、パン好きな人同士、話も弾みます。
しほりちゃん ともすごく久しぶりに会えました。
同じくベーキングスクールのお友達の Sさん も来られてて、
久しぶりに友達と一緒に焼けて楽しかった~
毎月は無理だけど、向上心を持ち続けるためにも、アンデルセンへは行き続けたいな!



更新遅れ気味で、ランキング降下中
お帰りの際に、下のパンの画像をポチッとしていただけると嬉しいです 
  (スマホでご覧の方は、1番下にスクロールしてPC版へ切り替えてからポチッとお願いします)
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ホントにホントにありがとう!! 
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは(*´∀`*)
やはりプロに習うと勉強になるのですね(・∀・)
良い教室が近くにあっていいですね~♪

こんなにバターが見える状態で焼くんですか!?
溶けて浸みて美味しくなるんですね~
食べてみたいですヾ(@^▽^@)ノ

2016/06/28 (Tue) 09:56 | ほの榎 #RS4k0RpE | URL | 編集
ほの榎さん♪

> やはりプロに習うと勉強になるのですね(・∀・)
> 良い教室が近くにあっていいですね~♪
プロの職人さんでしか持ちえない知識や経験値がありますから、
配合の考え方も私たち素人には無いものがあります。
アンデルセンの講座は一般のパン教室に比べるとお高めですが、
それだけのお金を払う価値があります。
頻繁には行けませんが、続けていきたいですv-410

> こんなにバターが見える状態で焼くんですか!?
そうなんです。
あっという間に生地ができるし、手軽に焼けそうです。
問題はハイカロリーなことだけ(笑)

2016/07/02 (Sat) 07:23 | あやちん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する