へなちょこスイーツ

16.06.12パイナップルのタルト1
パイナップルのタルトを焼いてみた。



16.06.12パイナップルのタルト2
ハチラボで習ったタルト のアレンジ編です。
教室の時、
はちさん と「生のパイナップルを入れて焼き込んでもおいしそう」という話になってたの。



16.06.12パイナップルのタルト3
生地量が結構あるんだけど、
円周部分が波々になってるタルト型は小さい物しか持ってないし、
セルクルだと姉からもらった高さ5.5cmくらいの物しか持ってないしで、
悩んだ末、セルクルをチョイス。
高さがあるセルクルなので、
セルクルの上部分まで生地を持っていくと変なことになると思い、
こんな中途半端な高さ、しかも円周部分はガタガタな状態で焼くという無謀なことに。



タルトストーンを持ってないんだけど、重し無しでもイケるんじゃね?と思い、そのまま焼いてみる。
途中でオーブンを覗くと、側面が倒れてきてる~
取りだして倒れた部分を修正し、再びオーブンへ。
再度オーブンを覗くと、今度は底面が膨らんでドームのようになってきてる~
また取りだして膨らんだ部分を押さえ、黒豆を重し代わりに敷き込んで再びオーブンへ。
「重し無しでイケるんじゃね?」と安易に思った自分を恥じる



んで、なんとか下焼きが終わったんだけど、
16.06.12パイナップルのタルト4
なんか、見るも無残なガタガタっぷり。
めげそうになりつつも、ここで諦めるわけにもいかないので



16.06.12パイナップルのタルト5
アーモンドクリームを敷き込み、フレッシュのパイナップルをオン。
ここから本焼き~。



焼けたかな?
焼けたのかな?
うーん、指定時間しっかり焼いたけど、焼きあがりの見極めがよく分かんない
こーゆうところがね、スイーツは経験不足ですよ。
とりあえず大丈夫そう?と判断し、



16.06.12パイナップルのタルト6
パイナップルのタルト
ガタガタな縁は、粉糖でごまかすべし!



16.06.12パイナップルのタルト7
カットしてみると、ガタガタがそんなには気にならなくなった!気がする!



16.06.12パイナップルのタルト8
「美味しすぎて倒れる~」と床に転がる次女
私の判断では「へなちょこ」な仕上がりだけど、
たまにしかスイーツを作らないせいか、スイーツに対する評価が甘い我が娘達



私的には、アーモンドクリームがもっとホロホロッとするのが正解じゃないかな?と思った。
生焼け感は無いけど、なんだかしっとりしてたの。
スイーツ作りに長けた人に食べてみてもらわないと、コレで正解なのかどうかが分からず、
どこをどう修正したらもっと良い物になったのかが不明なので、上達できないね・・・。
Facebookで はちさん から「しっとりだったならもうちょっと焼いても」とアドバイスもらったので、
次焼く時はしっかりめに焼き込んでみようと思います



ランキング降下中です…
お帰りの際に、下のパンの画像をポチッとしていただけると嬉しいです 
  (スマホでご覧の方は、1番下にスクロールしてPC版へ切り替えてからポチッとお願いします)
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ホントにホントにありがとう!! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する