ハチラボ仕様の塩バターぱん

16.03.31塩バターぱん1
ハチラボで習った塩バターぱん、
独特のもっちり感がハマる食感で、自分でも再現できるのか?、習った翌々日に早速焼いてみた~!



16.03.31塩バターぱん2
湯種にはハチラボと同じ粉を使用したけど、本捏ねには普段愛用している外国産小麦を使ってみました。
ホントな湯種は前日仕込みで寝かせるんだけど、
思い立った日にどうしても作りたくて、種が冷めて1時間だけ待って使用しました。



16.03.31塩バターぱん3
バターを棒状に切るなんて初めてだな。
我が家にカルピス有塩バターが無いので、高千穂の有塩バターを使いました。
高千穂バターって、四つ葉バターよりも白く、バター感はあっさり目だけどミルキーな気がします。
バターナイフで削ぎ取る感触もホロッと崩れる感じで、結構好きなの~。



16.03.31塩バターぱん4
今回は、ガーリックホルンの癖があまり出ずに成形できました。
天板が汚れるのを防ぐため、ガーリックホルン同様にアルミホイルを敷いておきました。



16.03.31塩バターぱん5
ホイロ後、左側はハチラボで作った通りにそのままで、
右側は塩パンらしく岩塩をパラリしてみました。



16.03.31塩バターぱん6
塩バターぱん
パリッといい感じに焼けましたよ。



16.03.31塩バターぱん7
断面に、棒状バターの痕跡があります。
パリッとセミハードな食感!
・・・・・・・・・・・・は再現できたんだけど、もっちり感がいまひとつ 
湯種を一晩寝かせなかったことと、本捏ねで使用した小麦粉の違いも出たのかな?と思います。
塩をふったのとふらないのとの違いはね、
塩をふった方は 「 The 塩パン! 」 という感じで塩気を感じて美味しいけど、その分バターの風味が弱まり、
塩をふらない方は 「 これって塩パン? 」 というくらいの優しい塩気だけど、バターの香りがふわ~っと香るので、
後は好みの問題かな~と思います。
バターの違いによる影響もあるのかな?
同じ重量のバターを包んだんだけど、
ハチラボで習った時は結構天板に流れ出てたけど、今回の私の方はほとんど流れ出ておらず、
それでもバターが生地に染み込んだジュワ~ッと柔らかい部分はハチラボで焼いた物の方があったような。
素材が違うと、結構違いが出てきますね~。
今回は完全再現とはいかなかったな。
次回、国産小麦で作ってみたいのと、高千穂バターを使うならもう少し重量増やしてもいいかも?
同じ素材を揃えられなくても、近い状態に再現できるよう、試行錯誤してみなくっちゃね~ 



ランキング落ちてるので、
お帰りの際に応援ポチッとしていただけると嬉しいです 
  ( スマホの方は、PC版へ切り替えてからクリックをお願いします )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ホントにホントにありがとう!! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する