久しぶりのおいしさスタジオ

火曜日に、フレスタおいしさスタジオへ行ってきました。
なんだか久しぶりで、常連さんに 「 元気だった?最近来ないねって話してたのよ 」 と言われちゃいました 



15.11.10おいしさスタジオ1
今回はスイーツ教室。
キャンセル待ちで心配したけど、無事受講できました。
シリコンでできた赤いホールケーキ型、プロ用で高価らしいんですが、すごく便利で欲しくなりました。
底面はテフロン加工した鉄板になっており、側面がシリコンでできてるんですけど、
側面にあるバックルをパチンと外すと、側面が1/3くらいべローンとはがれて広がり、簡単にケーキが取りだせます。
その辺で売ってるのか?
「 私すぐ買いました。私嬉しい、でも、ホテル嬉しくない、値段高いですから 」 とシェフ。



「 ん?ホテル? しかも日本語がちょっと外人が話してる日本語っぽい? 」 と気づきましたか?



15.11.10おいしさスタジオ2
そう!
今年もシェラトンホテル広島のドイツ人パティシエ、トーマスさんのクリスマススイーツ講座が開催されたのです。
昨年習った物 は色々と難しくて1度も作らないまま、1年が経ってしまいました 



15.11.10おいしさスタジオ3
こちらは昨年も習ったナッツのパウダーを使ったクッキー。
ドイツでは、クリスマス定番のお菓子だそうです。
各工程での豆知識の他、ドイツではこうという雑学的なことも色々と話してくださり、とても勉強になりました。



生地の温度が冷たい方が良い物 ( パイとか ) を作るとき、
手が温かい人はよく 「 氷水で手を冷やす 」 と本に書いてあったりするけど、
それをすると逆に手に汗をかいて良くないそうで、ステンレス台や大理石で手を冷やす方が良いそうです。
面白かったのは、バニラの話。
お安めなマダガスカル産と高価なタヒチ産があるんですが、
タヒチ産の95%はコカコーラが買い占めているため流通量が少ないそうです。
コカ・コーラ、高級バニラを買い占めて何に使ってるんだろう? 
バニラフレーバーを独自に作ってるのかな?



15.11.10おいしさスタジオ4
生地を棒状にして冷やします。
「 表面にフィンガープリントが残らないように 」 。
へぇ~、指の跡って、フィンガープリントって言うんだ。



15.11.10おいしさスタジオ5
去年のチョコレートとアーモンドでできたクリスマスツリーは素人にはハードルが高いと思って下さったのかな、
今年は私たちでも作りやすいよう、ガトーショコラを教えて下さいました。
カカオ分高めのチョコレートを使った、ちょっと大人なガトーショコラです。



15.11.10おいしさスタジオ6
そのままプレゼントにもできるよう、紙のケースに入れて焼きます。
先生のレシピには焼成時間は書かれておらず、
使用するオーブンや型に合わせて焼き上がりを見極めて下さいとのことです。



15.11.10おいしさスタジオ7
日本人はあまりしないと思うんですが、先生、加熱前の生地を平気で食べちゃうんです。
子供の頃からそうだったそうですよ。
文化の違いですね。
クッキーの生地もポイポイ食べちゃうし、ガトーショコラを作ったヘラを 「 味見したい人、どうぞ~ 」 って。
いや、誰も食べません 



15.11.10おいしさスタジオ8
冷えたクッキーの生地は、角の形にしてグラニュー糖をまぶします。



15.11.10おいしさスタジオ9
生徒もクッキーの成形にチャレンジ!
私もやらせてもらいました。



15.11.10おいしさスタジオ10
フレスタの社員さんまでやらされる~ 



15.11.10おいしさスタジオ11
焼きあがったガトーショコラには熱いうちにシロップをうち、冷めたらホイップとイチゴで飾り付けてクリスマスっぽく。



15.11.10おいしさスタジオ12
クッキーは 「 ゴールデンカラー 」 に焼きあがったらOK。
茶色くなるまで焼くと固いクッキーになっちゃいますよ。



15.11.10おいしさスタジオ13
ガトーショコラ&バニラキッフェル
イチゴ、てんこもりですね。



15.11.10おいしさスタジオ14
私たちの試食は、8cmの小さなマドレーヌ型に入れた物1個とクッキー2個。
みんなで 「 少な~い 」 って。
小さい型だと分けるのはラクだけど、
小さい型で焼くとどうしてもパサつくし、大きな型で焼いて切り分ける方が美味しいだろうね。
でも、デコレーションされてて可愛いです。



15.11.10おいしさスタジオ15
イチゴ、モリモリ~。素敵 



ドイツのお話。
先生が子供だった頃、家で上手にお菓子を作るお母さんがたくさんいて、
その家に伝わるレシピもあったりして、 「 パティシエの最大の敵はいいお母さん 」 と言われていたそうです。
でも、最近はそうやって家で作るお母さんも減り、
もともと素朴な感じのスイーツが多かったドイツも、アメリカンな派手な色味のスイーツが増えているそうで、
昔からの文化が廃れていくことを残念がられていました。



日本も同じですかね、おばあちゃんがやってたことを自分がやるか?と言われると、やってないもんなー。
梅干しも漬けないし、正月の餅もつかない。 
  ( たまに気が向いたらやるけどね。 )
中元 ・ 歳暮にしても、私は娘の習い事の先生に必ずするけど、しないお母さんの方が圧倒的に多いと聞きます。
そういえば、うちの店で中元 ・ 歳暮を買う人も、同世代の人ってほとんどいないかも。
時代ですかね 



話がそれました 
日々忙しく、今年は9/6にクロワッサンも焼かなったし、ハロウィーンを楽しむ余裕もなかったけど、
どこかでクリスマスを楽しめる 「 何か 」 ができるといいな 



応援ポチッとしていただけると嬉しいです 
  ( スマホの方は、PC版へ切り替えてからクリックをお願いします )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ホントにホントにありがとう!! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する