これは何なのか、言わないと伝わらない残念さ

ウサギパン1
ちょっとやってみたいことがあって、 コアラパン の生地を仕込む。



ウサギパン2
パーツごとに分割し、小さい生地はお皿にのせて冷蔵庫で待機。



ウサギパン3
やや両端を細くした生地をハサミでカットし、丸く伸ばした生地と棒状の生地とを組み合わせると ・・・



ウサギパン4
こんな感じに。



ウサギパン5
おなかの部分にカスタードを絞ってホイロへ。



ウサギパン6
あれ?
シュッとした頭部分になる予定が、えらくずんぐりでっぷりな頭部になってしまった 
耳の部分ももっと長い耳になるはずだったのに、短くなってしまった。
成形時にうまくできたと思っても、発酵後にイマイチになること、時々あります。
とりあえず、目の部分にドレンチェリーを埋め込んで焼成。



ウサギパン7
ウサギパン
この角度で撮影すると、ちっともウサギっぽくは見えません。
うーん、これはいったい何なんだろう?? 
失敗だ ・・・ 。



ウサギパン8
「 ウサギだ 」 と先に言えば、 「 やろうとしたことは分からなくもない 」 「 ウサギにく見えなくもない 」 という感じ。
長女は最初 「 猫? 」 と言っていました 
生地量のバランス、成形方法、どちらもダメだったかな ・・・
味はもちろん美味しかったんだけど、今度もう1度作ってみたいと思います。
次回はちゃんとウサギっぽくなるといいなぁ。



応援ポチッとしていただけると嬉しいです 
  ( スマホの方は、PC版へ切り替えてからクリックをお願いします )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ホントにホントにありがとう!! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する