昭和的な焼き菓子

15.03.17ミルクケーキ1
ミルクケーキ
生地に練乳を使った 「 コンデンスミルクのケーキ 」 です。



図書館で借りた、もう20年も前の小林カツ代さんのお菓子本。
昭和の香りがする、昔母が作ってくれたようなイメージの写真が並びます。
その中で1番に作ってみたかったのがこちらのケーキ。
本では丸いケーキ型で焼かれていましたが、私は大きめのパウンド型で焼きました。



15.03.17ミルクケーキ2
ごく少量だけ、レーズンが入っています。
ちょっと空気の抜き方が足りなかったかな 
バターケーキっぽいけど、練乳が入ることで食感がちょっと違います。
この感じ、好きだわ~ 
とっても美味しい。



ビックリしたのはね、バターを練るのにホイッパーを使わず、手で直に練っていくんです。
カツ代さんいわく 「 手のぬくもりを利用している 」 そうで。
そういえば、 ドイツ人パティシエさんも手でホイップしてたな~
手にバターが残るのはちょっと気になるけど、
空気を含ませて白っぽくホイップするという意味では、確かにホイッパーよりラクでした。
この手法もアリっちゃアリかな。



マドレーヌ ・レモンケーキ ・ パウンドケーキ ・・・
こ洒落たタイプのももちろん美味しいけど、昭和の香りがする素朴なタイプも結構好きだったりします。
カツ代さんのお菓子、また作ってみたいな 



ランキング、落ちてます~ 
ぜひランクアップにご協力ください 
「 今日も見に来たよ! 」 という足跡代わりに、お帰りの際にクリックしていただけると嬉しいです 
  ( スマホの方は、PC版へ切り替えてからクリックをお願いします )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ホントにホントにありがとう!! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する