華やかな色味で目を引くリュスティック

みんなのきょうの料理 をプラプラと見ていると、西川シェフのレシピを発見~。

基にした西川シェフのレシピはこちら~ → ★★★

そのパンの華やかな色味に惹かれ、作ってみることにしました。



15.01.22野菜のリュスティック_材料
おそらくパンを作ったことがない方でも作りやすい配合にされたのだと思うんですが、
ハード系だから砂糖を入れたくなーい!
リュスなら加水もっと上げたーい!
と思った私は、配合をちょちょいとアレンジ。
●砂糖5gを抜いてモルトをちょろっとプラス
●加水68%を76%にアップ
●仕込み水の一部にコントレックスを使用



15.01.22野菜のリュスティック_ドロドロ
見事にドロッドロ 
えへへ、美味しくなるかな~。



15.01.22野菜のリュスティック_具材
色味が華やかなのは、色味の濃い野菜が入るからです。
カボチャと赤いパプリカはオリーブオイル+塩でロースト、ブロッコリーは軽く茹で、グリンピースは缶詰を使用。
ヘーゼルナッツを入れるのは、油脂分が入って食べやすくなるのと、ヘーゼルの味の濃さも良いのでしょうね。



15.01.22野菜のリュスティック_混ぜ込み
生地にどさどさと重ねて載せ、シュレッドチーズもプラス。
1/4にカットして重ね~を繰り返し、具材を生地に混ぜ込んでいきます。



15.01.22野菜のリュスティック_混ぜ込み完了
こんな感じになりましたよ。
パンチが入れやすいようにバットで発酵させるようになっていますが、
大きめのバットが無いのでタッパーを使用しましたよ。
蓋をして冷蔵庫に入れやすいしね。



15.01.22野菜のリュスティック_パンチ
濡らした手でパンチを入れます。
この作業、ドロドロ生地に慣れてる人にはなんてことない作業ですが、
慣れてない方は結構苦戦されるんじゃないかなぁ?
レシピ通りの加水68%ならそうでもないかな?



15.01.22野菜のリュスティック_冷蔵発酵
パンチを2回入れたら冷蔵発酵。
下の画像は翌日仕事から帰ってから出した物で、冷蔵発酵12時間取りました。



15.01.22野菜のリュスティック_分割
ベンチタイムで生地温を少し回復させてから分割。
短めのホイロの後、オリーブオイルを塗ってパルメザンをふり、スチームを効かせて焼成~ 



15.01.22野菜のリュスティック
野菜とチーズのリュスティック
パルメザンが焼けた香りがメッチャ幸せ~。
パプリカやグリンピースの色味が華やかですね。



15.01.22野菜のリュスティック_クラム
カボチャのホクホク感とパルメザンの塩気がとっても美味しい!
女子は絶対好きな味ですね。
加水を上げたので、クラムもみずみずしくもっちりしています。



15.01.22野菜のリュスティック_厚み
私はリュスを作るのが苦手でよくぺったんこなリュスにしてしまうんですが、
今回はなかなか高さのある風貌になって嬉しい 



15.01.22野菜のリュスティック_カラフル
缶詰のグリンピースの固さがまた丁度良い感じでした。
こっちの画像の方が、クラムのみずみずしさが伝わるかな?
とっても美味しいリュスティックでした~。
また作りたいな。



ランキングにご協力ください~ 
「 今日も見に来たよ! 」 という足跡代わりに、お帰りの際にクリックしていただけると嬉しいです 
  ( スマホの方は、PC版へ切り替えてからクリックをお願いします )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ホントにホントにありがとう!! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する