アンデルセンの子供教室

14.04.18子供教室1
先週、楽しみにしていた広島アンデルセンの子供教室へ、次女と姪を連れて行ってきました。
この先生は 真夜中のパン屋さん でのパンの製作に携わった方です。



まずは、食べられるパンの方から~。
14.04.18子供教室2
パン作り未経験の子でもできるよう、丁寧にご指導&ヘルプして下さいますよ。



14.04.18子供教室3
私達パンヲタは先生のデモンストレーションの時にはほぼ全員が先生の台のところまで行きますが、
子供達は誰も行かない ・・・ 次女と姪に 「 前まで行け!行け! 」 と声をかけ、前まで行かせました 



14.04.18子供教室4
姪も次女も、真剣な表情で作っていましたよ。



次は、食べられないパンを作ります~。



・・・ 私もかなり手伝っていたため、製作過程の写真を撮る余裕がありませんでした 



なので、
14.04.18子供教室5
いきなり、仕上げに塗り玉してるところの写真です~ 



14.04.18子供教室6
本日の試食は、食べられるパンの生地を丸めてスライスアーモンドとグラニュー糖をふった物。
ウィーン風ブリオッシュ の生地なんですが、
成形パンにも向いているし、シンプルに生地を楽しむパンでもあります。
実は、私はこのパンがあまり好きではないんですけどね 



14.08.18子供教室7
食べられるパンはライオンの形なので、ココアグラスで顔を描いていきます。
真剣な表情で描く次女と、次女の出来栄えをこれまた真剣な表情で見守る姪。



14.08.18子供教室8
こちらは先生作。
どう描くとライオンっぽさが出るかな?



14.08.18子供教室9
上が次女作で、下が姪作のライオンパン。
姪はココアグラスを残すのが嫌で、いっぱいデコりました。
たてがみにハートまであるよ 
次女は残ったココアグラスを舐めていました ・・・



14.08.18子供教室10
次女も姪も嬉しそうでした。
このライオンのパン、中にカスタードが入ったクリームパンになっています。
今度私が作ってみようと思います。
カスターより、チョコクリームの方が生地との相性が良さそうな気がするな。



14.08.18子供教室11
こちらが食べられないパンである 「 思い出パン 」 。
夏の思い出を、絵日記風に表現した物です。
上が次女+私の作品 ( 結構手伝った ) で、下が姪の作品。
モザイクをかけているところには、それぞれ名前が入っています。
次女は花火を見たことと動物園へ行ったこと、姪は水族館&動物園へ行ったことを表現しました。



ちなみに、今年からこの思い出パンのキットをネット販売スタート ( 期間限定です ) したそうです。
こちら → 
あと数日しか買えませんが、興味がある方は購入して挑戦してみてはいかがですか?



子供教室もいいね!と思っていただけたら、1日1クリックご協力お願いします! 
 ( スマホの方は、PC版へ切り替えてからクリックをお願いします )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ホントにホントにありがとう!! 
スポンサーサイト

コメント

うらやましい~

こんばんは

以前ミルクフランス生地のことでアドバイスを頂いた、ももパンです!

お子様たち、うらやましい(*´ω`*)小さいころからお教室に連れていってもらえたり、お家では毎日のようにあやちんさんの本格的な焼きたてパンを食べれるなんて♡

私もついに、今日手ごねでミルクフランス作ってみました!
…が、形はなんだかペタンコになり、クラストの照りやムッチリ感もあまりなく、クラムも少し固くてパサつく、といった具合で撃沈しました^^;

配合(粉はスーパーキングにしました)もフロアタイムも成形もレシピ通りです。ホイロはうちのオーブンの発酵温度設定がレシピより低めなので少し長めにとったのですが…。捏ねも、力自慢の母を動員し(笑)強いグルテンができてつるんとなるまで相当叩いて頑張ったのに、ただただ疲れだけが残りました(*p´д`q)゜。

生地を叩きすぎて乾燥したり、ホイロが足りないのが原因なんでしょうか?その逆もありますか?

また長くなってしまってごめんなさい…
お忙しくない時にご教授いただけたら嬉しいです!

2014/08/26 (Tue) 21:52 | ももパン #- | URL | 編集
ももパンさん♪

> お子様たち、うらやましい(*´ω`*)小さいころからお教室に連れていってもらえたり、お家では毎日のようにあやちんさんの本格的な焼きたてパンを食べれるなんて♡
どうでしょうねぇ?
我が家の娘たちは、パンがあって当たり前くらいにしか思っていませんよ(笑)
そして、スーパーで売っているポケモンのパンや、インストアベーカリーのパンも結構好きです。
私のパンを喜んではくれるけど、味の違いとかまで気にはしてないかも・・・。

> 私もついに、今日手ごねでミルクフランス作ってみました!
> …が、形はなんだかペタンコになり、クラストの照りやムッチリ感もあまりなく、クラムも少し固くてパサつく、といった具合で撃沈しました^^;
>
> 配合(粉はスーパーキングにしました)もフロアタイムも成形もレシピ通りです。ホイロはうちのオーブンの発酵温度設定がレシピより低めなので少し長めにとったのですが…。捏ねも、力自慢の母を動員し(笑)強いグルテンができてつるんとなるまで相当叩いて頑張ったのに、ただただ疲れだけが残りました(*p´д`q)゜。
>
> 生地を叩きすぎて乾燥したり、ホイロが足りないのが原因なんでしょうか?その逆もありますか?

形がぺたんこになってクラムがパサついていた点から、ホイロオーバーだったのでは?と感じます。
捏ね上げ温度は計りましたか?
フロアタイム後にフィンガーチェックはされましたか?
今の季節、捏ね上げ温度も高めになりやすく、発酵のスピードもつきやすいので、
レシピ通りの時間が正解とは限りません。
同じ理由で、ホイロの時もスピードがつきやすいため、
発酵温度がやや低いからと安易に時間をのばすと、ホイロオーバーになるかと思います。
早め早めに何度か「生地の状態をチェックして判断する」ことが大切です。
クラストのツヤに関しては、スチームの入れ具合でしょう。
私も色々と工夫はしていますが、業務用オーブンの威力には敵いません。
粉に関しては、青山アンデルセンでは「強めの強力粉」と言われたのですよね?
それでしたらスパキンでもOKな気がしますが、
私がベーキングスクールで習ったレシピでは、もっと粉の力を落としています。
きっと、レシピ自体が違うんでしょうね・・・何とも言えないです。

2014/08/27 (Wed) 01:32 | あやちん #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する