デンマークなパン 2

さてさて、デンマークのパンを習った講座、もう1種類のパンをご紹介しますね。



こちらは、デンマークのライ麦パンです。
ライ麦配合率の高いパンなので、ドイツパン同様、サワー種を使って焼きますよ。
14.06.17カルチャーカレッジ15
上 : ホワイトサワー種を元にライサワーに継いだ種。しっかり柔らかくしてから粉類を加えていき
下 : ほとんど捏ねず、混ぜるイメージで。予め吸水させておいたライチョップ・ひまわりの種・ゴマを大量投入~。



14.06.17カルチャーカレッジ17
形を整えて、上になる部分にむきごまをくっつけてアルミコンテナへイン。



14.06.17カルチャーカレッジ18
試食の際、チーズに詳しいスタッフさんがいらして、バターの扱いもレクチャー。
こーゆう食材の時は有塩で、こーゆう食材の時は無塩を使うという話をしてくださいました。
今回はデンマークフェア中なのでリッチにデンマークバター使用です。



14.06.17カルチャーカレッジ19
本日の試食。
デンマークフェアで1階で販売されているソフトカーネラグブロートに、
上は有塩バターのスライス、下は無塩バターのスライスに生ハム&マンゴーをのっけてます。
私はマンゴーが大好きなので、生ハム&マンゴーが最高に美味しかったです 
飲み物が写っていませんが、アンデルセンのこの季節の定番、
エルダーフラワーシロップを水で割った物にちょこっとレモンスライスを入れた物でした。



14.06.17カルチャーカレッジ20
こちらは先生のん。
この手のパンは、サワー種がいい状態にできていて発酵の見極めがきちんとできれば大差は出ないでしょうね。
今回はその重要ポイントを先生が全て行ってくれているので、私達のも問題ないと思います。



帰宅後に撮影した私のパンがこちら~。
14.06.17カルチャーカレッジ21
ラグブロート
たぶん ・・・ コレ、私のじゃないです。
私は上面しかゴマをつけなかったのに、コレは底面にもゴマがついていました。
誰かのと入れ替わっちゃったかな?
まぁ、コレは誰が作ったのでも似たり寄ったりなパンなので、別にいいんですけどね~。



14.06.17カルチャーカレッジ22
しっとりプチプチ~。
ドイツパンで言えばロッゲンミッシュくらいのライ麦配合率です。
じんわり美味しいのだ~。



14.06.17カルチャーカレッジ23
夜ご飯に簡単なオープンサンドにして食べました。
手前は有塩バター + ノンオイルのツナ缶 + 乾燥ディル ( 自宅の庭で収穫してドライにした物 )。
右奥は無塩バター + 生ハム。
左奥はカマンベール + いちじくジャム。
カマンベールにジャムを合わせるのは、ベーキングでプンパニッケルを習った時 の試食で出てきたのを参考にしました。
同じ系統のパンだからね。



旦那様が 「 何か今日の晩ご飯おしゃれじゃん 」 って。
たまにはこーゆう夕食もいいよね 




オープンサンド美味しそう!と思って下さった方、どうか応援クリックをお願いします~ 
 ( スマホの方は、PC版へ切り替えてからクリックをお願いします )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもクリックして下さっている方、ホントにホントにありがとう!! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する