私はこっち派!

うちの旦那様、素朴でシンプルなパンが結構好きです。
なので、旦那様がいる日曜日、前に 「 美味しい 」 と言ってくれたシンプルパンを作りましたよ。



14.04.06ダッチブレッド_生地
生地はミルクフランス生地。



14.04.06ダッチブレッド_分割
70g弱の大5個と、40g強の小4個が取れました。



14.04.06ダッチブレッド_成形
丸めたパン生地の底をつまみ、上新粉で作ったダッチ生地にドボッとつけます。
このダッチ生地にはイーストも入っていて、パン生地とともに発酵させるんですよ。




14.04.06ダッチブレッド_ダッチ生地
余ったダッチ生地は、天板に薄くのばしてオーブンで焼くと、おせんべいのような味わいになります。
桜エビをのせてみたんですが、コレ、好きなんですよね。



14.04.06ダッチブレッド
ダッチブレッド
ダッチ生地がパリッと美味しそうに焼けましたよ~。



14.04.06ダッチブレッド_アップ
タイガー生地は厚みがあってもっと大きく割れるんですが、ダッチ生地は薄付きなので細かくひび割れます。
トラではなく、ヒョウかチーターの模様に近いですね。
私的には、タイガーロールは バリッ で、ダッチブレッドは パリッ なんです。
タイガーロールはタイガーロールでアリなんですが、私はやっぱりダッチ派!



14.04.06ダッチブレッド_小さい方
小さい子はこんな感じ~。
コロコロと可愛いサイズです。



14.04.06ダッチブレッド_比較
大小並べるとこのくらいの違い。
シチューに沿えて出すなら大きい方をカットして、プチパン的に出すなら小さい方という感じですかね。
我が家は各々が勝手に取って食べられる方が便利なので、小さい方が重宝するかもな。



14.04.06ダッチブレッド_断面
ダッチ生地が薄付きなの、この写真から伝わるかな?
生地はミルクフランスなので間違いなく美味しいし、断面もまぁ普通ですが 
とにかくダッチブレッドは美味しい!
無塩バターをポロッとのっけて食べると最高でした~。
旦那様もとーっても気に入っていましたよ 



さて、昨日アンデルセンの講座を受けに行って、この本を買いましたよ。
アンデルセンのヌシ的な存在である、ベーキングスクールの城田校長先生が出された本です。
みなさんご存知のサ・マーシュの西川シェフが
城田先生の事を 「 パンの神様のような人 」 と著書で書かれているそうです。
西川シェフ、アンデルセン出身の職人さんですからね。
デニッシュペストリーを開発して日本で初めて販売することにご尽力された以外にも、
パン生地を冷凍して配送するという技術を研究・開発された方で、
日本全国で焼き立てパンを食べられるようになったのは城田先生のおかげだそうです。
とにかくスゴイ方なんです 
興味のある方は、ぜひお手に取ってみてくださいね 



あぁ~!!ダッチブレッド食べたくなるぅ~!と思っていただけたら、ぜひ1クリックお願いします~! 
 ( スマホの方は、PC版へ切り替えてからクリックをお願いします )
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもポチッとして下さる方、ホントに感謝です!! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する