バスに乗るのに気が引ける香り

先週、広島アンデルセンのカルチャーカレッジを受講してきました。
今回はすごく写真が多いので、2種類のパンを2回に分けてご紹介しますね。
まずは写真が少ない方から 



13.12.09フーガス_ミキシング
乾燥のマッシュポテトを配合した生地。
もっちりとした食感と、パサつきを抑えてくれる効果があるようです。
オリーブオイルは液体なので最初から投入~。
全粒粉もちょっと配合されてます。



13.12.09フーガス_成形
左側は、ピザソースとドライトマト、グリュイエールチーズを混ぜた物をがっつりとサンド。
右側は、生地を大きくシンプルに味わう成形で。



13.12.09フーガス_焼成前
ホイロ後、赤と黄のパプリカ、ニンニク、アンチョビ、セミドライトマト、小ねぎを飾り、
パルメザンチーズをたっぷりふりかけます。



13.12.09試食
今回の試食は、シンプルなシュトレンでした。
今年のアンデルセンのシュトレンは、より 「 お菓子らしく 」 ということでチョコ入りです。
私にとって今冬お初のシュトレン、やっぱり美味しい~。
私も作らなきゃ ・・・ なかなか時間取れないんだけど 
先週月曜日に受講したこのアンデルセン以来、家で1度も焼いてません ・・・ あり得ない 



13.12.09フーガス_先生のん
こちらは先生のんで~。



私のは帰宅後にデジイチで撮影~。
13.12.09フーガス(リヴィエラ)
フーガス ( リヴィエラ )
メッチャ美味しそうな 「 ガーリック臭 」 がします。
まぁたん が 「 バスに乗るのに気が引ける~ 」 と言うくらい。
「 美味しさのためだ、仕方ないのだ! 」 と開き直るしかないよね~ 



13.12.09フーガス(トマトフロマージュ)
フーガス ( トマトフロマージュ )
濃厚なトマト感の中、コクのあるグリュイエールがちゃんと主張しています。
美味すぃ~ 



今回のフーガスで、まぁたん と話しててちょっと思いついたことが。
近いうち作ってみなきゃ!



もう1種のパンは、写真も説明も多い内容になります。
配合も製法も、なかなか衝撃的なパンでした。
お楽しみに~ 



10位に出たり入ったりですが ・・・
こちらの ↓ パンの画像を1日1クリックして応援いただけると嬉しいです 
スマホの方は、PC版へ切り替えてからクリックお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村
いつもありがとうございます!! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する